仙台の美容外科・美容整形 仙台中央クリニック 予約・相談 0120-077-106 sendai@chuoh-clinic.co.jp

HOME薄毛治療 > 薄毛とパーマ

薄毛とパーマ

薄毛とパーマは仙台中央クリニックに御相談ください

薄毛とパーマ

パーマをかけることにより薄毛を隠している方がいらっしゃいます。しかし、パーマ液は髪の構造を変化させるために、強アルカリの薬品が使われており、頭皮の炎症が発生し、脱毛が進行する可能性があります。パーマを頻回にかけることは、頭皮環境が悪化し、健康な髪の毛の成長を損ねてしまうために注意が必要になります。

パーマ液の影響

パーマ液が、頭皮にダメージを与えることがあります。以前よりダメージが少ないパーマ液が開発されていますが、パーマを繰り返すことにより、頭皮や髪へのダメージが蓄積され、抜け毛や薄毛に繋がることがあります。

パーマによる頭皮の負担

何度もパーマをかけたり、長時間刺激を受けたり、パーマの薬剤が皮膚に合わないと、頭皮が荒れて、痛みやかゆみが出ることがあります。頭皮の炎症が引き起こされた部分では、脱毛や薄毛が引き起こされる可能性があります。

パーマに対する敏感肌やアレルギー体質

パーマ液は、髪の毛のキューティクルを開いてシスチン結合と呼ばれるタンパク質の結合を切断します。肌が弱い方やアレルギー体質の方は、1回のパーマでも頭皮が真っ赤になることがありますので注意が必要です。パーマ液による頭皮のダメージが、毛髪の角質を剥がして、かゆみ、発疹などの原因になることもあります。

パーマで切れ毛や抜け毛

パーマをかけると髪内部のタンパク質が流れ出してしまい、髪の毛が細く弱くなり、髪のパサつきや枝毛、切れ毛などの原因になります。何度もパーマをかければ、さらに髪の毛は弱くなっていきます。パーマ液が与える影響や、ロッドを巻く際、髪を強い力で引っ張ることでの切れ毛や抜け毛が増える心配があります。

薄毛治療症例写真

M字ハゲ・M字薄毛


42歳、男性。M字ハゲ、ハーグ療法
症例経過:薄毛が進行し、内服薬により薄毛治療を行っていた症例です。治療効果がなく却って進行してきたことから、仙台中央クリニックに御来院いただきました。M字部分から頭頂部まで地肌が透けて薄毛領域が認められました。ハーグ療法を開始したところ、治療に伴い、発毛が認められ、髪型が自然になりました。
症例解説:薄毛に対し内服薬が開発され、治療に用いられていますが、M字や生え際の発毛効果が弱い場合があります。ハーグ療法は、内服薬では効果が出にくいM字ハゲやM字薄毛にも、高率で発毛効果があることが知られています。成長因子を局所に注入することにより効率的にM字部分へ発毛を促し、薄毛を根本から治すことができます。注射の際に痛みのリスクがあります。




薄毛治療についてもっと知りたい

バスト
女性器
あきらめずにお電話下さい 他院修正手術
失敗と修正再手術について
二重切開法の失敗・修正手術
眼瞼下垂
二重の幅が広すぎる、二重幅を狭くしたい
挙筋法二重
切開法のラインが戻った
整形バレバレの不自然な二重
裏留め埋没法失敗
ガタガタの二重ライン
目が小さい
サンケンアイ
ワンランク上の整形
パッチリ目 パッチリ二重
目力アップ
整形で大きく変わりたい
取れない二重 戻らない二重
幅広平行型二重
ダウンタイムが少ない切開法
腫れない美容整形
バレない美容整形
芸能人の整形
なりたい顔No.1!北川景子さん風整形
板野友美さん風整形
柴咲コウさん風整形
新垣結衣さん風整形
黒木メイサさん風整形
佐々木希さん風整形
ローラさん風整形
小嶋陽菜さん風整形
広瀬すずさん風整形
菜々緒さん風整形
沢尻エリカさん風整形
渡辺麻友さん風整形
桐谷美玲さん風整形
生田斗真さん風整形
櫻井翔さん風整形
ビフォーアフター 整形写真
理想体型メリハリボディ
CMCゲルバッグの入替え手術
生理食塩水ゲルバッグの入替え手術
リップリング・豊胸波打ち修正
でべその修正
当院の麻酔法 無痛麻酔
芸能人の整形
ご予約はこちらから
技術力で選ぶなら本格的美容外科 中央クリニック
無料モニター、割引モニター募集中

INFORMATION
GO TOP

COPYRIGHT(C) 2004 SENDAI CHUOH CLINIC  ALL RIGHTS RESERVED