仙台の美容外科・美容整形 仙台中央クリニック 予約・相談 0120-077-106 sendai@chuoh-clinic.co.jp

HOME薄毛治療 > 薄毛と帽子

薄毛と帽子

薄毛と帽子の関係は仙台中央クリニックに御相談ください

薄毛と帽子

帽子は日差しや紫外線から頭皮を守ってくれるものです。しかし帽子の使い方を誤ると薄毛を促進する原因になってしまうことがあります。帽子を長時間着用すると帽子内の温度や湿度が高くなり、頭皮が蒸れてしまいます。皮脂が過剰分泌し、頭皮の毛穴が詰まり髪の成長を妨げてしまいます。

帽子で紫外線予防

帽子には、紫外線をカットするメリットがあります。紫外線による頭皮と髪への影響を抑えられますので、日差しや紫外線の強い日は帽子を被り外出することが望ましいと考えられます。しかし帽子を被っている時間が長くなると、頭皮が蒸れ、髪にとってデメリットになりますので、帽子の種類や着用方法を考えることが必要になります。

薄毛を帽子で隠す

髪が薄くなってくると、それを隠そうとして帽子をかぶる方がいらっしゃいます。帽子は手軽に薄毛を隠せて、紫外線対策にもなりますが、フォーマルなシーンや室内で帽子を被るのはふさわしくありません。また帽子は長時間かぶり続けていると、頭皮に悪い影響を与えます。帽子の素材によっては、頭皮が蒸れたりして、頭皮のトラブルに繋がりやすいので注意が必要です。

帽子による頭皮の蒸れ

帽子を長時間かぶると、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌によって頭皮や毛穴に炎症が起こるため、抜け毛が増え薄毛が進行します。汗をかいたら、帽子を脱いで頭皮と髪を乾かすようにしましょう。

帽子の雑菌繁殖

帽子を長時間被っていると頭皮の細菌が増加します。帽子に汚れが付着するので、被った帽子は、できるだけ頻回に洗濯しましょう。汗をかいていないように見えても、実際には帽子に汗や皮脂が付いています。清潔にして、頭皮トラブルを減らしましょう。

薄毛治療症例写真

生え際の後退


47歳、男性。生え際の後退、ハーグ療法
症例経過:自分が写った写真を見て、生え際が後退していることに気づいた症例です。髪を長く伸ばして薄毛を隠していましたが、却って目立っているのではないかと思うようになり、仙台中央クリニックに御相談いただきました。前頭部の生え際が後退し、前頭部に薄毛領域が認められました。ハーグ療法を開始しました。毛髪は太くなり、生え際の後退が改善され、薄毛領域が縮小しました。
症例解説:生え際が後退してきた、生え際が薄くなり始めたという状態は、男性薄毛AGAが、既に進行していると考えた方が良いでしょう。男性型薄毛AGAは自然治癒することはなく、自己ケアだけで改善することは困難ですが、きちんとした薄毛治療を行うことにより改善は期待できます。いち早く薄毛の進行に気づき、治療を開始することが大切です。ハーグ療法は、注射する際に痛みを伴うデメリットがあります。




薄毛治療についてもっと知りたい

バスト
女性器
あきらめずにお電話下さい 他院修正手術
失敗と修正再手術について
二重切開法の失敗・修正手術
眼瞼下垂
二重の幅が広すぎる、二重幅を狭くしたい
挙筋法二重
切開法のラインが戻った
整形バレバレの不自然な二重
裏留め埋没法失敗
ガタガタの二重ライン
目が小さい
サンケンアイ
ワンランク上の整形
パッチリ目 パッチリ二重
目力アップ
整形で大きく変わりたい
取れない二重 戻らない二重
幅広平行型二重
ダウンタイムが少ない切開法
腫れない美容整形
バレない美容整形
芸能人の整形
なりたい顔No.1!北川景子さん風整形
板野友美さん風整形
柴咲コウさん風整形
新垣結衣さん風整形
黒木メイサさん風整形
佐々木希さん風整形
ローラさん風整形
小嶋陽菜さん風整形
広瀬すずさん風整形
菜々緒さん風整形
沢尻エリカさん風整形
渡辺麻友さん風整形
桐谷美玲さん風整形
生田斗真さん風整形
櫻井翔さん風整形
ビフォーアフター 整形写真
理想体型メリハリボディ
CMCゲルバッグの入替え手術
生理食塩水ゲルバッグの入替え手術
リップリング・豊胸波打ち修正
でべその修正
当院の麻酔法 無痛麻酔
芸能人の整形
ご予約はこちらから
技術力で選ぶなら本格的美容外科 中央クリニック
無料モニター、割引モニター募集中

INFORMATION
GO TOP

COPYRIGHT(C) 2004 SENDAI CHUOH CLINIC  ALL RIGHTS RESERVED