仙台の美容外科・美容整形 仙台中央クリニック 予約・相談 0120-077-106 sendai@chuoh-clinic.co.jp

HOME薄毛治療 > FAGAびまん性脱毛症

FAGAびまん性脱毛症

FAGA・びまん性脱毛症の治療は仙台中央クリニックへ

びまん性脱毛症とは

「びまん性」とは、一部分に限局せず、広範囲に広がっている状態を意味する医学用語です。びまん性脱毛症とは、局所的な薄毛ではなく、頭皮全体に薄毛が進行する状態を示しています。びまん性脱毛症は中年女性に多いことが特徴で、頭髪の広い範囲でゆっくりと薄毛が進行していきます。髪の毛のボリュームが減ってきた、髪が細くなってきた、髪の毛のコシがなくなってきた、髪型がふんわりしないということで気づかれます。急激に薄毛が進行するわけではないため、目に見える症状が出るまで気づかれないことがあり、気づいた時には、症状が悪化している場合もあります。髪の毛の量が減ると、老けてやつれて見えることが多く、薄毛治療を希望される女性が多数いらっしゃいます。

女性男性型脱毛症(Female AGA)

びまん性脱毛症の病態は長い間不明でしたが、近年、毛髪再生医学の進歩により、男性ホルモンが関与していることが明らかになりました。女性においても、男性ホルモンが、毛根を傷害し、毛髪の生育を阻害するというものです。加齢などで女性ホルモンが減ってきた際に、女性の体内に存在する男性ホルモンが優位になり、女性の薄毛を進行させます。びまん性脱毛症は、AGA(男性型脱毛症)の女性版であると考えられるようになりました。その為、女性男性型脱毛症(Female AGA)と呼ばれることもあります。

女性男性型脱毛症FAGAおける男性ホルモン

女性の体内でも男性ホルモンは合成されています。過剰の男性ホルモンが、女性の毛髪に対し作用し、毛根の成長を妨げることによりFAGAが、発症します。男性ホルモンであるテストステロンやジヒドロテストステロンが、女性毛髪の生育を抑制するメカニズムは、男性と同じですが、若い女性の場合は、女性ホルモンの分泌が活発であり、血中のテストステロンの濃度が男性の20分の1と少ないため、髪の毛への影響は、ほとんどありません。しかし女性ホルモンは加齢と共に減少していきます。早い人では35歳前後から女性ホルモンの分泌量が減少することもあります。女性ホルモンの減少している女性では、男性ホルモンの影響によりFAGAが起こりやすくなります。加齢以外に女性ホルモンが減少する原因として、ストレスや過度のダイエット、生活習慣の乱れなどが挙げられます。高いストレスにさらされている場合や過度のダイエットを行っている場合には、比較的若い年齢で、びまん性脱毛症が発症する場合があります。

女性男性型脱毛症FAGAの薄毛パターン

男性型のAGAと女性型のFAGAは、どちらも進行性で、放っておくと髪の毛が減っていきます。しかし、薄毛が進行する領域、スピードは、男性のAGAと女性のFAGAでは、大きな差が認められます。男性のAGAでは、前頭部のM字と頭頂部のO字を中心として、限局的に薄毛が進行し、前頭部の生え際が後退し、頭頂部の円形の薄毛領域が目立つようになります。また進行の程度は、男性の場合、比較的急速に抜け毛が進行し、放置した場合まったく無毛になることもあります。これに対し、女性男性型脱毛症は、毛髪領域の全体で、頭髪が細くなり、毛髪の密度がまばらになるという特徴があります。女性のFAGAでは、男性に比較すると薄毛の進行は緩やかです。女性のFAGAの場合、女性ホルモンは減少するものの一定の量は分泌されるため、まったく無毛になることは有りません。

びまん性脱毛症FAGAを促進する要因

びまん性薄毛症FAGAは、男性ホルモンの過剰が主要因です。そのため、女性ホルモンの減少を抑え、ホルモンバランスが乱れを整えることが大切です。その際、大豆製品(イソフラボン)などの女性ホルモンを増やす食材は、女性ホルモンの乱れを抑えるのに有効であると考えられています。また、ストレスを減らすなど生活習慣の改善が薄毛の進行を食い止めるのに有効な場合があります。その他、びまん性脱毛症を促進する要因として、加齢、出産、経口避妊薬(ピル)、ストレス、ダイエット、食生活の乱れ、喫煙、睡眠不足などが挙げられています。思い当たることがあれば、とりあえずそれらの要因を改正することが、薄毛治療の第一歩です。

びまん性脱毛症FAGAの対策

びまん性脱毛症には、その根底に老化や加齢を基盤としたホルモン異常があります。そのためストレス、喫煙、睡眠不足やヘアケアをなどのセルフケアを行ったとしても改善が難しい場合があり、治療法の確立が望まれていました。近年、ハーグ療法が開発され、びまん性脱毛症の治療として、効果を上げています。仙台中央クリニックでは、びまん性脱毛症に対して、ハーグ療法により、薄毛治療を行っています。中年の女性で、広い範囲で毛髪が薄くなってきた、髪の毛のボリュームが減った、ふんわりしなくなったなど、びまん性脱毛症の症状に当てはまる場合には御相談いただきたいと思います。

FAGAびまん性脱毛症の治療に対する症例写真


45歳、女性。びまん性薄毛症、FAGA
症例経過:1年くらい前から、頭髪の広い範囲で、抜け毛や薄毛が進行してきたという症例です。髪の毛にボリュームが無くなり髪型が決まらないので、市販の毛髪治療薬を塗ってみましたが、効果がないため、このままでは薄毛がどんどん進行してしまうのではないかと不安になり、仙台中央クリニックに御来院いただきました。診察したところ、頭部全体の広い範囲で、毛髪が薄くなっており、髪の毛が疎らで、一部では地肌が見えました。びまん性脱毛症と考えられ、自毛の再生を目標として、ハーグ療法を行いました。治療を進めると共に、抜け毛が減り、徐々に髪の毛が太くなりました。髪の毛の本数も増えて髪の毛がふんわりするようになりました。髪の毛が増えたことにより、表情が若々しくなりました。
症例解説:びまん性脱毛症は、中年女性に多い薄毛の病態です。これまでは、原因不明で治療は不可能でしたが、男性ホルモンの関与が明らかになり、女性におけるAGAと考えられるようになりました。びまん性脱毛症に対して、治療法が開発され、現在ではハーグ療法の有効性が証明されています。月に1回の注射を、数回行うことで、髪の毛が太くなり、コシが強くなります。更に髪の毛の本数が増えて、薄毛領域が狭くなります。髪の毛がふんわりするために表情が若々しくなります。HARG療法には、注入部の発赤や細菌感染などの、リスクや副作用が認められることがあります。治療前に注意事項を確認の上、治療を行ってください。



薄毛治療についてもっと知りたい

バスト
女性器
あきらめずにお電話下さい 他院修正手術
失敗と修正再手術について
二重切開法の失敗・修正手術
眼瞼下垂
二重の幅が広すぎる、二重幅を狭くしたい
挙筋法二重
切開法のラインが戻った
整形バレバレの不自然な二重
ガタガタの二重ライン
目が小さい
ワンランク上の整形
パッチリ目 パッチリ二重
目力アップ
整形で大きく変わりたい
取れない二重 戻らない二重
幅広平行型二重
ダウンタイムが少ない切開法
腫れない美容整形
芸能人の整形
なりたい顔No.1!北川景子さん風整形
板野友美さん風整形
柴咲コウさん風整形
新垣結衣さん風整形
黒木メイサさん風整形
佐々木希さん風整形
ローラさん風整形
小嶋陽菜さん風整形
広瀬すずさん風整形
菜々緒さん風整形
沢尻エリカさん風整形
渡辺麻友さん風整形
桐谷美玲さん風整形
生田斗真さん風整形
櫻井翔さん風整形
ビフォーアフター 整形写真
理想体型メリハリボディ
CMCゲルバッグの入替え手術
生理食塩水ゲルバッグの入替え手術
リップリング・豊胸波打ち修正
でべその修正
当院の麻酔法 無痛麻酔
芸能人の整形
ご予約はこちらから
技術力で選ぶなら本格的美容外科 中央クリニック
無料モニター、割引モニター募集中

INFORMATION

スタッフ・看護師募集中


当院のホームページについて


サイトマップ


青森県にお住まいの方

岩手県にお住まいの方

秋田県にお住まいの方

宮城県にお住まいの方

山形県にお住まいの方

福島県にお住まいの方

新潟県にお住まいの方

栃木県にお住まいの方

GO TOP

COPYRIGHT(C) 2004 SENDAI CHUOH CLINIC  ALL RIGHTS RESERVED