仙台の美容外科・美容整形 仙台中央クリニック 予約・相談 0120-077-106 sendai@chuoh-clinic.co.jp

HOMEシミ取り > 老人性色素斑

老人性色素斑

老人性色素斑の治療は仙台中央クリニックに御相談ください

老人性色素斑とは

老人性色素斑とは、一般的なシミのことを言います。日光性色素斑とも言われ、加齢や、日光や紫外線によって出来ます。紫外線を浴びやすい顔や手の甲、腕などに認められます。形状や大きさは様々ですが、比較的円形や楕円形に近く、薄茶色~茶色で境界がはっきりしているのが特徴です。大きさは数mm~数cmまでさまざまで、1つだけの場合もあれば複数できる場合もあります。

老人性色素斑ができやすい人

老人性色素斑は、年齢と伴に認める頻度が増え、60歳代以降では目立つようになります。紫外線を浴びる機会が多い場合に出来易いので、紫外線を浴びる機会の多い人は、20代で老人性色素斑が出来ることもあります。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑の最も大きな原因は紫外線です。皮膚に紫外線が当たると、紫外線から肌細胞を守るためにメラニンという色素が生成されます。通常、メラニンは肌の代謝によって排出されますが、紫外線をたくさん浴びてメラニンが過剰に生成されると、排出が追いつかず蓄積し、蓄積したメラニンがシミになってしまいます。加齢により皮膚の代謝が遅くなると、やはりメラニンの排出が追いつかなくなり、シミとなってしまいます。

老人性色素斑に対する紫外線対策

老人性色素斑の最大の原因は紫外線です。シミ予防として紫外線への対策は欠かすことができません。日差しの強い夏や、長時間の外出時には日焼け止めクリームを塗るなど対策が必要です。季節や天候に関わらず日中は紫外線対策が必要です。室内でも日光が差し込む場合には気をつけてください。手の甲やデコルテは紫外線対策を忘れがちであるため、十分注意してください。日焼け止めクリームを塗っても、手洗いや、発汗により落ちやすいのでストールやUVカット手袋などがあると安心です。

老人性色素斑の予防のため規則正しい生活をする

皮膚のターンオーバーの乱れもシミの原因のひとつです。不規則な生活はターンオーバーの乱れを引き起こしますので、バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけましょう。

老人性色素斑の予防のために適切なスキンケア

メイクなどの汚れが落としきれていない、過剰な洗顔で肌に刺激を与えてしまったなどは、皮膚のターンオーバーの乱れに繋がります。適切なスキンケアもシミの予防には大切です。

医療レーザーによるシミの治療

Qスイッチレーザーのスポット照射で老人性色素斑を治療することができます。皮膚の浅い部分にできたシミであれば、ほぼ1回の治療でシミ取りできます。広がったシミは、数回の照射を要することがあります。治療後数日間は患部を保護するシールを貼る必要があります。

ハイドロキノンによるシミの治療

ハイドロキノンは美白効果のある外用薬で、塗付により老人性色素斑の改善が期待できます。ハイドロキノンだけでシミを完治させるのは困難な場合には、レーザー治療と合わせると、シミの改善が早くなります。

シミ取りレーザーについて教えて下さい


バスト
女性器
あきらめずにお電話下さい 他院修正手術
失敗と修正再手術について
二重切開法の失敗・修正手術
眼瞼下垂
二重の幅が広すぎる、二重幅を狭くしたい
挙筋法二重
切開法のラインが戻った
整形バレバレの不自然な二重
裏留め埋没法失敗
ガタガタの二重ライン
目が小さい
サンケンアイ
ワンランク上の整形
パッチリ目 パッチリ二重
目力アップ
整形で大きく変わりたい
取れない二重 戻らない二重
幅広平行型二重
ダウンタイムが少ない切開法
腫れない美容整形
バレない美容整形
芸能人の整形
なりたい顔No.1!北川景子さん風整形
板野友美さん風整形
柴咲コウさん風整形
新垣結衣さん風整形
黒木メイサさん風整形
佐々木希さん風整形
ローラさん風整形
小嶋陽菜さん風整形
広瀬すずさん風整形
菜々緒さん風整形
沢尻エリカさん風整形
渡辺麻友さん風整形
桐谷美玲さん風整形
生田斗真さん風整形
櫻井翔さん風整形
ビフォーアフター 整形写真
理想体型メリハリボディ
CMCゲルバッグの入替え手術
生理食塩水ゲルバッグの入替え手術
リップリング・豊胸波打ち修正
でべその修正
当院の麻酔法 無痛麻酔
芸能人の整形
ご予約はこちらから
技術力で選ぶなら本格的美容外科 中央クリニック
無料モニター、割引モニター募集中

INFORMATION
GO TOP

COPYRIGHT(C) 2004 SENDAI CHUOH CLINIC  ALL RIGHTS RESERVED