仙台の美容外科・美容整形 仙台中央クリニック 予約・相談 0120-077-106 sendai@chuoh-clinic.co.jp

HOME美肌レーザー > 美肌レーザーのデメリット

美肌レーザーのデメリット

美肌レーザーのデメリットは仙台中央クリニックでお知らせしています

美肌レーザーのデメリット

美肌レーザーはターゲットとなる細胞に直接働きかけることが出来るために多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットも存在します。美肌レーザーで失敗しないために、デメリットを十分理解しで治療に臨むことが必要になります。

赤みや痒みが出現

美肌レーザーの照射後、照射部位が赤くなった、痒くなったということが有ります。これらの症状は数日程度で改善することが多く心配はいりません。しかしアトピー体質や、過去に紫外線で肌が荒れた経験がある方は症状が遷延する可能性があり注意が必要です。赤みや痒みに対し炎症を抑える薬がありますので、事前に担当医師に相談してください。また赤みは、術後数日で自然に消失します。照射箇所を氷のうや保冷剤で適度に冷却すると治癒が早まります。

乾燥や皮剥けが出現

乾燥や皮剥けは、術後1週間程度で自然に消失します。照射箇所に保湿クリームを塗布してください。かさぶたは術後1週間程度で自然に消失します。照射箇所を十分に保湿し、刺激を与えないようにしましょう。

基礎化粧品に対するかぶれが出現

基礎化粧水に対するかぶれは術後数日程度で自然に消失します。かぶれは、レーザー照射による一時的なバリア機能の低下が原因で起こるものですので、普段使用している化粧水の使用を控え、敏感肌用のものを使用してください。

シミが出現

美肌レーザーの照射によってシミが出現することが有ります。出現したシミを炎症後色素沈着と言います。レーザーに照射により、肌が軽いやけど状態になり、肌に炎症が惹起され、メラノサイトというメラニンを生成する細胞が活性化することで生じます。多くの場合自然に改善しますので、問題はありません。しかしレーザー照射後、大量の紫外線を浴びると、シミが強くなり改善しないことが有るため注意が必要です。

肝斑の出現

レーザー照射後に肝斑が出現することが有ります。肝斑とは頬や顎などにできる薄茶色のシミのことを言います。レーザー照射によって肝斑が発生した場合はトラネキサム酸の服用を数週間程度必要になることが有ります。

アフターケアが必要

レーザー照射後は、スキンケアを念入りに行う必要があります。氷嚢や保湿剤で適度に冷却することが有効な場合があります。また普段使用している化粧水の使用を控え、敏感肌用のものを使用してください。

適切な美肌レーザーを選択する必要がある

美容レーザーには多くの種類があります。それぞれの肌トラブルに適したレーザーを選択しないと、効果が認められないことが有ります。またレーザーが弱すぎると色素細胞を破壊できませんが、強すぎると肌にやけどや水ぶくれなどの跡が残ってしまうことがあります。レーザー出力の調整が重要になります。

美肌レーザーについて教えてください


バスト
女性器
あきらめずにお電話下さい 他院修正手術
失敗と修正再手術について
二重切開法の失敗・修正手術
眼瞼下垂
二重の幅が広すぎる、二重幅を狭くしたい
挙筋法二重
切開法のラインが戻った
整形バレバレの不自然な二重
裏留め埋没法失敗
ガタガタの二重ライン
目が小さい
サンケンアイ
ワンランク上の整形
パッチリ目 パッチリ二重
目力アップ
整形で大きく変わりたい
取れない二重 戻らない二重
幅広平行型二重
ダウンタイムが少ない切開法
腫れない美容整形
バレない美容整形
芸能人の整形
なりたい顔No.1!北川景子さん風整形
板野友美さん風整形
柴咲コウさん風整形
新垣結衣さん風整形
黒木メイサさん風整形
佐々木希さん風整形
ローラさん風整形
小嶋陽菜さん風整形
広瀬すずさん風整形
菜々緒さん風整形
沢尻エリカさん風整形
渡辺麻友さん風整形
桐谷美玲さん風整形
生田斗真さん風整形
櫻井翔さん風整形
ビフォーアフター 整形写真
理想体型メリハリボディ
CMCゲルバッグの入替え手術
生理食塩水ゲルバッグの入替え手術
リップリング・豊胸波打ち修正
でべその修正
当院の麻酔法 無痛麻酔
芸能人の整形
ご予約はこちらから
技術力で選ぶなら本格的美容外科 中央クリニック
無料モニター、割引モニター募集中

INFORMATION
GO TOP

COPYRIGHT(C) 2004 SENDAI CHUOH CLINIC  ALL RIGHTS RESERVED