仙台の美容外科・美容整形 仙台中央クリニック 男性専用サイト入口予約・相談 0120-077-106 sendai@chuoh-clinic.co.jp

HOME > 二重埋没法失敗、他院修正手術

美容整形失敗

二重整形失敗、埋没法失敗は仙台中央クリニックにお任せください

埋没法失敗、二重失敗

二重埋没法が上手くいかなかった

最近の美容ブームにより、地方都市にも美容外科クリニックが設立され、多くの方が気軽に美容外科を受診できるようになりました。特に二重埋没法は、爆発的人気があり、多くのクリニックで行われています。手軽に美容外科を受診することができるようになって、利便性は高まりましたが、その反面、一部で自分の希望通りにならなかったというクレーム症例、美容整形失敗、やり直し症例が増えているのも事実です。

一度失敗した二重整形の修正は難易度が高くなる

一般的に一度失敗した症例に対する修正手術は、難易度が高くなることがよく知られています。そのため美容整形失敗の再手術を引き受けてくれる先生を探すために苦労する場合があります。このページは、仙台中央クリニックで行った他院修正やり直し再手術の症例をもとに、やり直し手術を希望される方が情報収集していただけるように作成いたしました。とりあえず手術してみて結果が悪ければあとで考えるという考え方は危険です。美容整形をする場合は、必ず一度で決めるという覚悟で手術に臨むのが良いと思います。

二重失敗を繰り返すケースが増加

一度失敗したクリニックで再手術を繰り返し行い、結局うまくいかなかったというケースもあるようです。手術を繰り返し行うことにより手術の難易度は高くなりますので、その次の手術では更に希望通りにならない可能性が高くなります。美容整形をしてみたが自分の希望通りでないということであれば、他院修正手術を行っている他の医師の意見を聞いてみるのも一つの方法です。 美容整形が失敗したとしても修正をしないに越したことはありませんが、希望されるのであれば諦めてはいけません。

仙台中央クリニックの他院修正手術

仙台中央クリニックは、修正手術をお引き受けしています。初回手術から6カ月経過しないと再手術できないというクリニックもありますが。仙台中央クリニックでは早期手術をお引き受けしています。むしろ早期に再手術を行った場合の方が、希望通りになる場合もあります。初回手術から期日が経過していないということで、再手術から排除されることはありません。また、長期に経過していても、再手術の適応になります。これまでに他院で20〜30年前に行われた修正手術を行った例があります。

二重失敗により、県外から御来院の方へ

仙台中央クリニックは宮城県仙台市という立地上、宮城、山形、福島、岩手、秋田、青森など東北全県から御来院いただいておりますが、最近では東京、神奈川、千葉、埼玉など首都圏からの他院修正患者様が増加しています。東北新幹線が整備されているとはいえ、遠路はるばる御来院いただき有難う御座います。仙台中央クリニックでは遠方の患者様に対応すべく、出来るだけ通院回数を減らす工夫をして手術を行っています。東京、神奈川、千葉、埼玉など首都圏からの御来院も歓迎します。尚、美容整形で失敗しないために、初回手術におけるクリニック選び、美容外科医選びが重要であることを十分御理解いただきたいと思います。

二重整形失敗、二重埋没法失敗の再手術

二重のラインが戻ってしまった

二重埋没法を行った場合、ラインが薄くなったり、前の一重に戻ったりすることがあります。ラインが戻った場合は、初回手術がきちんと行われているか検証する必要があります。初回手術が低いレベルの手術であると考えられる場合は、もう一度固定し直すことにより、ラインを設定することができます。初回手術が強固にライン設定されているのに戻った場合は、埋没法をあきらめて、切開法を選択することが有益です。同じ方法で繰り返し手術を行っても、同じ結果になります。同じ方法で行うことは、無意味です。きちんとライン固定を行いたいというのであれば、方法を変えなければいけません。

希望のラインでない

二重埋没法を行った後に、希望のラインでないといことで、御相談いただくことがあります。ラインが薄くなっていたり、戻っていたりする場合は、そのままラインを設定してもほとんど問題ありません。しかし初回手術のラインが存在している場合には、初回手術の糸を抜去した後に、再度ラインを設定し直さなければならないことがあります。その場合、手術操作は煩雑になります。

ライン幅が不揃いで左右差がある、瞳の大きさに左右差がある

二重埋没法を行った後に、二重のライン幅に左右差を生じることがあります。このような場合、再度適切なラインを設定して、ラインを作製しなければいけません。眼瞼下垂のために、ラインが幅広で、瞳が小さく見えるような場合は、埋没法による調整はできません。埋没法を繰り返すのは危険です。眼瞼下垂症状がある場合は、眼瞼挙筋の調整が有益です。

二重の手術をしたが、もっとパッチリの目になりたい

目をパッチリさせるというのは美容外科の基本ですが、個人差があり、難しい場合があります。パッチリ目を希望される場合は、それに対応する操作を加えなければいけません。希望通りでないということで再度埋没法を繰り返す方もいらっしゃいますが、違う操作を加えなければ、違う結果は生まれません。同じ手術を繰り返すのは無意味です。担当医に、自分のなりたい希望を何度説明しても理解してもらえないということがあり、怖い先生に当たると怒られたり、変人扱いされたりして落ち込まれる方もいらっしゃいます。

目が開き難くなった

二重整形失敗により、パッチリ目になりたかったのに、手術後却って目が開き難くなった、ということがあります。無理なライン、不自然なラインが設定されていることが多く、一度ラインを解除して、適切なライン設定を行うことになります。

腫れぼったい目が変わっていない

腫れぼったい目の整形は、難易度の高い整形になります。手術したのに前と変わっていないということであれば、方法を変えて、再手術を要します。

眼精疲労、肩こりがある

二重整形の後、眼精疲労がある、肩こりが続くということであれば、二重を解除しなければならない可能性が高くなります。せっかく二重整形を行ったのにもったいないですが、眼精疲労や肩こりにより、日常生活が制限されるようでは、致し方ありません。二重を解除したのに、眼精疲労や肩こりが続く場合には、難易度が高い治療が必要になります。

二重埋没法再手術症例写真

他院二重目頭修正

20歳女性。二重埋没法失敗の他院修正手術、他院二重埋没法1回施行後
以前に他院美容外科で二重埋没法を行ったことのある症例です。ラインが浅く希望通りにいかなかったために再手術を希望して仙台中央クリニック院長に御相談いただきました。目頭の蒙古襞が張っており、二重のラインが浅いために、幼い印象に見えると考えられました。二重整形再手術を行い、パッチリ目になりました。
クリニックより:二重埋没法は手軽に手術が出来てとても便利な方法です。しかし調節性が良くないこと、戻ってしまうことがあるために、手術を行った全員に同じ効果が期待できるわけではありません。仙台中央クリニックでは、埋没法後、希望通りでないために修正を希望される方に御来院いただいています。再手術を行うことにより、希望のパッチリ目に近づけています。




他院二重目頭修正

26歳、女性。二重埋没法失敗の他院修正手術、他院二重埋没法手術後
二重埋没法の修正手術の症例です。他院美容外科で二重埋没法の手術を受け、ラインはついたものの、パッチリ目ではなく、微妙に右目が小さくなってしまいました。修正をしてもらおうと前の先生に相談しましたが、「無理です。」、と断られて仙台中央クリニック院長に御相談いただきました。希望が分かりやすいようにグラビアを持参されました。診察したところ二重が形成されているもののパッチリ目ではなく、蒙古襞が張って目が小さく見えていました。二重整形再手術により、目を大きく見せて希望のパッチリ目を作製しました。
クリニックより:「手術して多少は良くなったが、満足していない」、もっとパッチリになりたい」と希望される方がおられます。埋没法ではパッチリ目になれるレベルには限界があります。何度も無意味のない手術を繰り返し行っても希望する結果は生まれません。希望に応じて方法を変えることが有用です。




埋没法目ヂカラ手術

31歳、女性。二重埋没法失敗の他院修正手術、他院二重埋没法1回施工後
二重埋没法の修正手術の症例です。16年前に他院で埋没法の二重をしてもらいましたが、全く戻ってしまい、毎日アイプチで二重を作って生活していたそうです。アイプチだと毎朝大変なのと、上まぶたが弛んでたくさんのしわが出てきたので、仙台中央クリニック院長に御相談いただきました。もう一度メスを使わない埋没法の範囲で再手術を希望されました。診察したところ、腫れぼったい目で、前回の埋没法による二重は戻っており、眠そうな一重の状態でした。今回は、できるだけ目力を出して、パッチリ目になりたいという希望であり、埋没法の範囲で出来るだけパッチリ目を作製しました。
クリニックより:まぶたが厚い場合、埋没法だと二重のラインが戻ってしまうことがあります。戻った場合、切開法でやり直すのが良いのですが、いろいろな都合で切開をしたくない人には再度埋没法で留め直すことが、有効な場合もあります。アイプチ生活から解放され、上まぶたも傷まないので快適です。




他院修正二重切開法

他院修正二重切開法

23歳 女性。二重埋没法失敗の他院修正手術、他院二重埋没法1回施工後
2年前に他院美容外科で埋没法の手術をしてもらいましたが、数か月で戻ってしまった症例です。埋没法の再手術を繰り返すのは良くないと考え、今度は戻らないような手術を希望して、県外から仙台中央クリニックを受診していただきました。二重のラインはほとんど消えており、重く眠そうな一重の状態でした。切開して上まぶたの脂肪も取り、スッキリしたパッチリ目になることができました。
クリニックより:瞼に脂肪が多いタイプの方は、埋没法で留まらないことがあります。そのような場合、埋没法を繰り返すより、切開を考えてみてください。腫れぼったいまぶたの原因である上眼瞼脂肪を取ったり、余分な皮膚を切除したりすることができますので、その方にあったパッチリ目を作製できます。




他院修正幅広ライン

24歳、女性。二重埋没法失敗の他院修正手術、他院二重埋没法1回施行後
二重埋没法の修正手術の症例です。数年前、他院で埋没法を行いましたが、戻ってしまったので、再度、二重埋没法で固定したいと希望し、仙台中央クリニックの院長に御相談いただきました。脂肪が多く腫れぼったい目ではありましたが、どうしても、もう一度埋没法で幅広二重を付けてほしいとのことでした。ご本人の希望する太いラインで留めて、幅広ラインを作製しました。
クリニックより:最近幅広ラインが人気です。幅広ラインをご希望の方には、切開法をお勧めすることが多いのですが、どうしても切りたくないという方には、仙台中央クリニックでは埋没法の限界内で希望のラインを作っています。あまりにも広いラインを希望され、目が開かなくなったり、眠そうになったりするケースもあり、幅広ラインの作製には、限界を見極めることが重要になります。




他院修正二重切開法


19歳、女性。二重埋没法失敗の他院修正手術、二重埋没法2回施行後
もともと一重で、他院美容外科で二重埋没法の手術を受けた症例です。希望したパッチリ目にならなかったために、修正をお願いしたところ半額でやってもらえるというので、そのクリニックでもう一度、二重埋没法の手術を受け、計2回埋没法の手術を受けています。しかし二度目の埋没法の後も希望した目にならず、仙台中央クリニック院長に相談されました。診察したところ、埋没法によりライン設定はされていましたが、目の開きが悪く、細い目にラインが付いただけの状態でした。「切開が良いでしょう。」とアドバイスさせていただきました、当初は切りたくないとのお考えでしたが、当院の院長先生に一任され切開法にて二重整形を行いました。切開法により余分な組織や脂肪を取り大きな目に仕上げました。手術後、目がパッチリ開いて、希望の二重が得られました。
クリニックより:「できれば切りたくない。」と皆さん言われますが、埋没法を何度も繰り返すことは勧められることではありません。同じ手術を何度行っても、同じ方法で行っている訳ですので、結局同じ結果になります。切開法を行っていないクリニックでは、何度も埋没法を繰り返す傾向があります。同じ手術を繰り返しても結果は同じということを理解してください。




他院修正二重 目ヂカラ手術

23歳、女性。二重埋没法失敗の他院修正手術、他院埋没法1回手術後
7年前に他院で二重埋没法の手術を行った症例です。目力がもう少しほしかったために、前医に相談したところ、「これ以上は難しい。」と言われたために、インターネットで検索して仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、二重のラインは付いていましたので、上まぶたが下垂して、目力は無く、眠そうな印象を受けました。切らないで、全体的な雰囲気は変えずに目力を出すことにしました。パッチリ目になり、友達にも気づかれずに綺麗になれました。
クリニックより:埋没法で最も多い再手術は、ラインが取れたことによる留め直し手術です。留め直し手術は技術的に容易で、ほとんどのクリニックで引き受けてもらえます。しかし目力アップなどの上ランクの希望になると断られる場合も多くなり、どこに行ったらよいか迷う方もおられることと思います。仙台中央クリニックでは他で断られた手術、修正手術を引き受けております。




二重整形他院修正

34歳、女性。二重埋没法失敗の他院修正手術、他院二重埋没法1回施行後
3年前に他院美容外科で二重埋没法の手術を行った症例です。二重にはなりましたが、綺麗にはならなかったので、今回は自分のなりたいモデルさんのグラビアを持参し仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、前医のラインは取れかかっており左右差がありました。更に目が離れていて、鼻背が低いタイプであり、希望のグラビアに近づけるためには、二重、目元、鼻の整形が有用とアドバイスさせていただきました。どうせやるなら綺麗になりたいという御希望であり、仙台中央クリニック院長に一任して手術を受けられました。グラビアに似た上品な顔立ちに変わりました。
クリニックより:手術してもあまり変わらない、綺麗になっていないということで御来院いただくことが多数あります。美容整形は本来、綺麗を目指すもので、二重整形を行ったのに綺麗になっていないということでは、本末転倒です。仙台中央クリニックでは希望が分かりやすいようにグラビアや写真をご持参いただくことをお願いしています。どうして良いのか分からないという方には、アドバイスさせていただいています。




他院修正目ヂカラアップ手術


23歳、女性。二重埋没法失敗の他院修正手術、他院埋没法2回手術後
4年前と3年前に他院美容外科で、計2回埋没法を行ったケースです。ラインはついたのですが、希望のパッチリ目にならず修正を希望して、仙台中央クリニック院長に相談いただきました。診察したところ、二重のラインはついているものの目の開きが悪く間が抜けて見えました。切開法により目力アップを行いました。手術後はパッチリ目になり、表情が明るくなりました。
クリニックより:目の美容整形を希望される方の多くは、パッチリ目を希望されます。目の状態により、簡単にパッチリ目になる場合は問題ないのですが、パッチリ目になり難い症例があります。その場合、何度も修正手術を繰り返し「希望通りにならない」といって、いろいろなクリニックを渡り歩くケースがあるようです。失敗を何度も繰り返し、不幸な結果にならないためには、最初からデカ目パッチリ目作製をリクエストして、自分の希望に合った手術してもらうことが重要です。




他院修正 二重

21歳、女性。二重埋没法失敗の他院修正手術、他院二重埋没法施行後
綺麗な二重にあこがれて、二重埋没法の治療を計4回行った症例です。その度にラインが取れてきて、上まぶたも窪んでしまいました。埋没法では二重のラインがつきにくいと思い、もう二重の手術を繰り返したくないので、もう戻らない方法で修正手術を希望し、仙台中央クリニックの院長に相談いただきました。診察したところ、前医で付けた埋没法のラインは緩んでおり、切開して、しっかりラインを付け直す必要があると考えられました。切開法施行後はラインが安定して、くぼみ目も治りました。
クリニックより:埋没法で、何度も二重のラインが取れる場合は、切開法で修正手術をすることが有益です。切開法を行いラインが安定すると、目が開きやすくなり、上まぶたのくぼみ目が改善することがあります。何度も埋没法を繰り返すことは、上まぶたを痛めることにもなりますので、お勧めできませんが、実際は、何度も埋没法を繰り返しておられる方が多いようです。できるだけ切りたくないという気持ちは分かります。しかし切開二重は、症例数の多いクリニックでは、比較的短時間でさほど腫れないで行うことが出来ます。埋没法で戻ってしまうときは、切開法が選択肢となります。




他院修正 切開法二重

23歳、女性。二重埋没法失敗の他院修正手術、二重埋没法2回施行後
他院美容外科で計2回、二重埋没法の手術を行いましたが、ラインが消失してしまった症例です。もう戻らないように再手術を希望して、仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、ラインは全く消えて、上まぶたは下垂して、眠そうであり、上まぶたから前のクリニックの埋没糸が出てきていました。切開により前のクリニックの糸を全部取り、一重に戻らないように綺麗なラインを作製しました。ご本人はできるだけ切りたくなかったということですが、結果的に希望通りになりました。あまり顔のイメージを変えずに目つきが悪いのを治すことが出来ました。
クリニックより:切開するというとバレバレの二重になると思い込んでいる方が多いのですがそれは大きな間違いです。さりげなく変わりたいということであれば、さりげなく変わることが可能です。前回の埋没法の糸を全部取って綺麗なラインを付けることが出来ます。ただし切開法は執刀医の技術差が出やすい手術で、あたかも手術したような目になる場合があります。十分注意が必要です。




他院修正術Q&A

他院修正手術は難しいという話をよく聞きますが、なぜ他院修正は高度な技術が必要なのですか?

他院修正は、家で例えればリフォームでなくて建て直しです。前の家をすべて崩した後に、新しい家を建てる感じと言えば分りやすいかもしれません。まず前の手術で上手くいかなかったところを治して、再手術を行いやすい下地を作ります。その後、本来の希望に近づける手術を行うということになります。1回の治療で2回分手術するとお考えください。その分、作業工程は複雑になり、手間もかかります。もちろん現在の状況を利用して、少しだけ治すという場合は、簡単な部分修正になることもあります。診察していただければ部分修正が可能な症例は、部分修正で対応させていただいています。しかし上のランクの希望で来院されている方は、全修正となることが多いようです。

二重の整形を行いましたが、結果に不満があります。他のクリニックに行ってみましたが治療を断られました。他のクリニックで断られた修正手術もやってもらえますか?

治療可能であるか否かは、診察してみないと確定はできません。本人が希望すれば、今の所ほとんどの修正をお受けしています。診察する前に、絶対お受けできるとは断言できませんので、その旨ご了承ください。

他の美容外科クリニックで手術をしましたが、希望通りにならなかったので、他院修正を宣伝しているクリニックに行ったところ、「もう無理だから諦めてください。」といわれ、とてもショックでした。
最後の望みでそちらのクリニックを受診したいと思います。期待して行って良いでしょうか。また断られるかと思うと心配です。

他院修正が技術を要することを逆手にとって、修正をあまり手がけていないのにもかかわらず、他院修正を宣伝しているクリニックがあるようです。たまたまそのようなクリニックに行ってしまうと間違った知識を吹き込まれ、修正を行ってもらえないばかりか、他の部位を勧められることもあります。非常に困った問題ですが、取り締まられることなく、放置されています。
当院は症例写真でもお分かりの様に多数の他院修正手術を手がけています。今回の場合、メールやお電話の時点では状況がわからないので、まずは診察させていただくことになると思います。ご期待に沿えるよう頑張ります。ただし技術的面以外の問題で、手術をお断りするケースがあります。その場合は御了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
バスト
女性器
あきらめずにお電話下さい 他院修正手術
失敗と修正再手術について
二重全切開法
眼瞼下垂
二重の幅が広すぎる、二重幅を狭くしたい
挙筋法二重
切開法のラインが戻った
整形バレバレの不自然な二重
ガタガタの二重ライン
ワンランク上の整形
パッチリ目 パッチリ二重
整形で大きく変わりたい
取れない二重 戻らない二重
幅広平行型二重
ダウンタイムが少ない切開法
腫れない美容整形
芸能人の整形
なりたい顔No.1!北川景子さん風整形
板野友美さん風整形
柴咲コウさん風整形
新垣結衣さん風整形
黒木メイサさん風整形
佐々木希さん風整形
ローラさん風整形
小嶋陽菜さん風整形
広瀬すずさん風整形
菜々緒さん風整形
沢尻エリカさん風整形
渡辺麻友さん風整形
桐谷美玲さん風整形
生田斗真さん風整形
櫻井翔さん風整形
ビフォーアフター 整形写真
理想体型メリハリボディ
CMCゲルバッグの入替え手術
生理食塩水ゲルバッグの入替え手術
リップリング・豊胸波打ち修正
でべその修正
当院の麻酔法 無痛麻酔
芸能人の整形
ご予約はこちらから
技術力で選ぶなら本格的美容外科 中央クリニック
無料モニター、割引モニター募集中

INFORMATION

スタッフ・看護師募集中


当院のホームページについて


サイトマップ


青森県にお住まいの方

岩手県にお住まいの方

秋田県にお住まいの方

宮城県にお住まいの方

山形県にお住まいの方

福島県にお住まいの方

新潟県にお住まいの方

栃木県にお住まいの方

GO TOP

COPYRIGHT(C) 2004 SENDAI CHUOH CLINIC  ALL RIGHTS RESERVED