仙台の美容外科・美容整形 仙台中央クリニック 男性専用サイト入口予約・相談 0120-077-106 sendai@chuoh-clinic.co.jp

HOME治療内容 > 目(二重まぶた)

二重まぶたの手術のことは仙台中央クリニックにお任せください

目(二重まぶた)

二重まぶたにし、目をパッチリさせます

メスを使わずに短時間で自然な二重を実現する「埋没法」と、熟練した医師による細かな希望まで叶える「切開法」のほか、脂肪除去やたるみ取りも行っております。

魅力的なパッチリ二重になりたい!
二重埋没法目ヂカラ手術

21歳、女性。二重埋没法、目力アップ手術
腫れぼったく重い感じの一重を何とかしたいということを主訴に来院されました。毎朝アイプチで留めて二重を作っていたとのことですが、毎朝時間がかかり大変だということと、アイプチによる皮膚炎のために上まぶたが赤くなってきたので二重埋没法の手術を希望しておられました。診察したところ、上まぶたには、アイプチによる皮膚炎のためにシワが出来てたるみが出現、一部赤くなっていました。できるだけ目がパッチリに見えるように埋没法で固定して、印象の良い目力アップの目を作製しました。
クリニックより:一重をアイプチでとめて頑張っている方も多いのですが、上眼瞼が赤くなったりしわが多くなったりする場合は赤信号です。手術も一つの方法として考慮してみてください。パッチリ目を希望される場合二重埋没法により目力アップも可能です。御希望をお聞きしてバランスのとれた二重整形を行っています。




他院修正太い二重腫れない手術

22歳、女性。二重埋没法、他院修正再手術、腫れない二重手術
4年前に大手美容外科で二重埋没法を行ったものの、すぐに取れてしまったので、当院で再手術をしたいということを主訴に御来院いただきました。ライン的にはできるだけ太く、尚且つ翌日からの仕事に間に合うように腫れないで、前回手術での痛みが記憶に残っていて怖いので、痛くないような手術を希望されました。ご本人の要望を、良くお聞きして腫れない、無痛手術により幅広二重を作製しました。ご本人の協力により手術直後のスッピン状態の写真を掲載させていただきました。
クリニックより:他院修正の方は前回の失敗を引きずられて「また失敗したらどうしよう。」という思いを持って来院される方が多く、信頼関係を結ぶまでに苦労することもあります。前回の手術でどのようなことがイヤだったか、お話いただけるとできるだけ改善を試みることが出来ると思います。局所麻酔と静脈麻酔を組み合わせた無痛手術や腫れない手術は、忙しく予定が詰まっている方には好評です。半信半疑で御来院いただくことが多いのですが、術後の出来栄えでご納得いただいています。




他院修正パッチリ目

20歳、女性。他院修正、二重埋没法、目力アップパッチリ目、目頭切開
家の近所の他院で二重の埋没法をしてもらいましたが、パッチリ目にならないために、パッチリ目になりたいということを主訴に県外から受診していただきました。
診察したところ、蒙古襞が張って内眼角間距離が大きいにもかかわらず、平行型二重のラインが設定され目頭の部分のラインが捻じれていました。二重埋没法と目頭切開を併用してパッチリした印象良い目を作りました。
クリニックより:幅広のパッチリ目は美容外科の基本手術ですが、難しいケースも多く、他のクリニックで上手くいかなかったと、お問い合わせが多い手術です。いろいろなクリニックで断られ、クリニックを転々とされる方もおられるようです。他県からのお問い合わせも多いのですが、電話やメールで詳細を回答することは不可能です。遠方の方にはご不便をおかけしますが、一度ご来院いただき診察させていただくことになりますのでその旨ご理解ください。この症例では、蒙古ヒダが張っていて、目と目が離れているので、目頭切開を行い、目力アップ手術で目を大きく見せました。二重埋没法だけではパッチリ見えない場合は追加処置が必要な場合もあります。




二重埋没法目ヂカラ手術

22歳、女性。二重埋没法、目力アップ手術
一重で暗く見られるので魅力的な二重になりたいという主訴で受診していただきました。ずっとアイプチをしていましたが、とても大変で、ガサガサになってきたので、手術を決めたとのことでした。どうせやるなら綺麗になりたいという思いから、モデルさんのグラビアを持参していただきました。診察したところ、左目に比べ右目がやや小さく、両側の上まぶたにアイプチによると考えられるシワが出来ていました。二重埋没法で、眼裂の大きさが同じになるように、パッチリ目に調整しました。
クリニックより:アイプチをして頑張っていたけれど耐え切れなくなったといわれる二重希望の患者様に受診していただいています。皆さん緊張して来院されますが、手術は数分で終了します。あっという間だった、心配したほどでもなかった、という感想も聞かれます。アイプチで頑張っている方は一度相談されてみてください。




二重全切開パッチリ目手術

二重全切開パッチリ目手術

23歳、女性。二重全切開法、二重左右差不揃い修正
目が小さく暗い印象に見えるために、パッチリ目になりたいという主訴で御来院いただきました。どうせやるならデカ目になりたいということでインターネット検索を行い、当院を受診していただきました。診察したところ、左目に比べて右の眼裂縦径が小さく、目を開けるときに大きく見開こうとして眉毛に力が入っており軽い眼瞼下垂症状と考えられました。通常の二重手術では、希望しているパッチリ目になり難いかもしれないと考え、二重全切開法パッチリ目手術で希望の目を目指すことにしました。院長先生にアドバイスされました。どうしても印象の良いパッチリ目になりたかったので、先生にすべてを託すことにしました。手術中は、何度も目を開閉して瞳の大きさを合わせてもらいました。手術直後から、パッチリ目になり視界が開けました。日に日に腫れが引いて自然になっていきました。希望していたパッチリ目になれて良かったです。先生を信じて正解でした。
クリニックより:二重の手術をした場合手術をした場合、簡単にパッチリ目になれるケースは良いのですが、二重のラインは作ったものの、ラインだけ付いて瞳の大きさは変わらない、難しいケースがあることが知られています。二重にはなったけれど、なんとなく物足りない、もう少しパッチリなりたいと希望されることもあります。そのような症例に対しては、この症例でお示ししたようなパッチリ目手術を行うことがあります。手術直後から目が開いて、自然な感じの二重に仕上がります。




二重埋没法目ヂカラ手術

20歳、女性。二重埋没法、目力アップ手術
重い感じの二重で前々から悩んでいたということで御来院いただきました。今回思い切って手術を決断し、どうせやるならパッチリ目になりたいと希望されていました。診察したところ、重い感じの一重で、印象が悪いので目力をアップさせ印象良い目を作りました。顔全体のバランスを見て自然な感じに仕上げました。家族や友達にも評判が良く喜んでいただけたようです。
クリニックより:当院を受診される患者さんの多くは、顔にあった二重を作ってほしいと希望されます。そのため当院では、鼻や口をも考慮に入れた目の整形手術を行っています。二重は綺麗だけど、バランスが悪いということでは、折角の手術が無駄になります。手術をお願いする際には、バランスを考えた手術が可能な美容外科医に相談されることをお勧めいたします。




切らない眼瞼下垂手術

16歳、女性。切らない眼瞼下垂手術
目が上がり難く眠そうな目で、眉毛を引き上げて開眼しているケースです。アイプチしても上手くいかないので、親御さんの許可を得て手術を希望されて御来院いただきました。診察したところ努力しないと、視野に上まぶたが被さってくる状態であり、切らない眼瞼下垂手術を行いました。手術直後から視界が広がり、パッチリ目になり、努力しなくとも目が開くようになりました。
クリニックより:目が開きづらく、努力して目を開けている眼瞼下垂タイプの人は、アイプチではうまくいきません。手術により視界が広がるようになりますから、経験豊富な美容外科医に相談してみてください。軽い眼瞼下垂の場合は切らない眼瞼下垂手術が適応になります。




目頭切開二重

22歳、男性。目頭切開、二重埋没法
目が細くて、睨んでいる、怒っていると言われることがあり、印象が悪いので治療を希望されたケースです。男で整形をするのは何となく恥ずかしかったということですが、自分のなりたい顔の雑誌の切り抜きを持ってクリニックを受診していただきました。診察したところ、蒙古襞の張りが強く、目が小さいので、目頭切開と二重埋没法を行うことによりグラビアに近づくと考えられました。手術後は経過も順調で、グラビアに近くなって喜んでいただけたようです。
クリニックより:最近は男性の患者様が大変増えています。男性の美意識が向上したものと考えられます。男性的にカッコ良くしたい、という希望のほかに、営業職なので第一印象を重要視して美容整形したい、目つきが悪く人にからまれやすいのが嫌なので美容整形したい、いつも怒っているようにみられるので美容整形したいなどさまざまな理由でご来院いただきます。「男なので恥ずかしい。」と言われる方もいらっしゃいますが、男性の方も気軽にご来院ください。




眼瞼下垂目頭切開


30歳、女性。目頭切開、眼瞼下垂手術
重い感じの一重が気になり、グラビアを持参御来院いただきました。パッチリした印象の良い目を希望されていました。診察したところ、努力して開眼しており、眼瞼下垂の状態と考えられました。更に蒙古襞が張って目が小さく見えていました。そこで目頭切開と眼瞼下垂の手術をすることにしました。手術後、目はパッチリ開くようになり、横方向にも広がって印象が良くなりました。喜んでいただけたようです。
クリニックより:重い感じの一重の方の中には、眼瞼下垂症状を呈している方がおられます。眼瞼下垂を見落とされ、一般的な埋没法や切開法で二重を作った場合、かえって目が開かなくなる場合もあり、修正を希望され来院される方が最近増えています。このような症例に対しては慎重に対応する必要があります。症状に対応した手術により目が開くようになりますので、ベテラン美容整形医師に相談されるのが良いかもしれません。




埋没法左右差弛み修正


29歳、女性。二重埋没法、左右差修正、上まぶたの弛み修正
元々は二重の方です、長年の厚化粧のためか、まぶたに化粧かぶれを起こし、上まぶたの皮膚が弛んで、ラインがおかしくなったということで御来院いただきました。まぶたの弛みを化粧でカバーしていたものの、化粧でごまかせなくなったので手術を決意されたとのことです。診察したところ、右目はタルミのために二重のラインが取れかかっていて、左目はラインが何本も出ている状態でした。更に瞳の大きさの左右差が認められました。切開法によるたるみ取り手術をお勧めしました。ご本人も上瞼の弛みを切除する切開法が良いと思っていたものの仕事を休めないので、腫れの少ない埋没法で修正希望されました。手術は短時間で終了し、さほど腫れずに翌日から仕事ができました。ラインは左右対称になり目ヂカラも出し、満足されたようです。
クリニックより:元々綺麗な二重だったのに、化粧にかぶれたりしてラインがおかしくなったということで来院される方もいらっしゃいます。もともと綺麗な方が、年齢による変化でまぶたが弛んでくるとショックが大きいようです。切りたくないという方には、埋没法にて上まぶたの皮膚をたくし上げることにより、弛み取り修正を行っています。仕事を休めないOLさんにも喜ばれています。




目頭切開目ヂカラ手術


22歳、女性。目頭切開、二重埋没法、目力アップ手術
元々目が小さく一重であり暗い印象に見られるということで御来院いただいたケースです。目の周りに派手な化粧をして誤魔化して外出したおられました。化粧でかなり頑張りましたがとても大変で、旅行などの泊まりに行いけない、プールとか温泉とかに行けないので手術を決心されたようです。診察したところ、目の縦幅、横幅とも小さく、やや目が離れていました。埋没法目ヂカラ手術と目頭切開で目の縦幅及び横幅を大きくして、パッチリ目を作製しました。顔に合うようにバランス良くデザインしましたので印象良くなり喜んでいただけたようです。
クリニックより:一重で目が小さいと暗く引っ込み思案な印象を受けるということで来院される方が多いようです。二重埋没法と目頭切開を併用して二重を作ると、目の縦幅と共に横幅が大きくなり、元気で綺麗な印象に変わるので喜ばれています。自分の鼻の形に合わせて二重をデザインすることも可能です。自分はどのような二重にしたらわからないという方には、診察後にこちらから提案することも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。




二重埋没法

20歳、女性。二重埋没法、目力アップ手術
一重でアイプチを長期に使っていたケースです。スッピンだと元気がなく眠そうな目なので、いつもアイプチを使って目を大きく見せていたとのことです。アイプチ使用にて上まぶたがガサガサになり、変なシワができてきたので、もうこれはアイプチの限界だと思い手術を決意されたようです。診察したところ、上まぶたにアイプチによる皮膚炎が認められ、皮膚は伸びて浅いラインが何本も出ていました。埋没法日和目力アップを行い、パッチリと目が開くようになりました。
クリニックより:アイプチ生活に疲れて二重手術を希望される方が多数御来院されています。アイプチをしていると二重になるという噂を信じてアイプチしていたが、二重にならなかったという方もいらっしゃいます。アイプチをしていると皮膚がガサガサになったり、赤くなったり、変なシワができて、少しずつラインが定まり難くなります。アイプチで上まぶたが真っ赤に腫れあがるケースもあります。短時間でアイプチ生活を卒業できるということで二重手術は大変喜ばれています。




縦横両方向パッチリ目修正

21歳、女性。目頭切開、二重埋没法、目力アップ手術
目が全体的に小さくて悩んでいたケースです。アイプチをしたり付け睫毛をしたりしてできるだけ目を大きく見せて外出していました。しかしいつも上手くいかず時間がかかり、最近は上瞼が腫れてガサガサになってきたので、もう限界と思い、手術を決意して受診していただきました。診察したところ、目の縦方向及び横方向共に小さいために、目のインパクトが少なく、印象を損ねているので、目力アップ手術と目頭切開の適応と考えられました。当院の症例の写真を見いただき、ご本人の話を聞いて、手術することにしました。手術後、目が上下方向、横方向共に広げパッチリ目になりました。軽く化粧すれば、すぐに外出可能の状態になり、時間がかからないということで喜んでいただいたようです。
クリニックより:目が全体的に小さくて大げさな化粧で目を大きく見せて頑張っている方も多いようです。「外出時に時間がかかる。」「スッピンを見せられない。」と言われる方もいらっしゃいます。瞼の炎症が起きた場合には、危険信号です。手術で比較的簡単に目を大きくすることが可能ですので、考慮してみてください。縦方向、横方向の両方で大きくできます。




挙筋短縮目頭切開


36歳、女性。眼瞼下垂手術、目頭切開
長期コンタクトレンズ使用にて眼瞼下垂を併発したケースです。15年前からコンタクトレンズ使用していましたが、少しずつ目が開かなくなり、上眼瞼に幅広のラインがついてしまったとのことです。保険診療の眼科に診てもらったところ、眼瞼下垂なので手術した方が良いでしょうと言われました。そのクリニックでは手術してもらえず、眼瞼下垂の手術をしてくれる先生を探し、いろいろ調べて、こちらのクリニックに実績があることで御来院いただきました。診察したところ、努力して開眼しないと上まぶたが視野に被さり、太いラインがついて眼瞼下垂の状態と考えられました。ご本人は「どうせやるなら、アーモンド形の目になりたい。」とリクエストされました。目と目がやや離れているので、目頭切開も追加することにしました。手術前は不安の様子でしたが自然に仕上がりに喜んでいただいたようです。友人から評判が良く、御主人からも、「自然でどこをやったかわからないね。」と言われて満足されたようです。
クリニックより:長期にコンタクトレンズを使用することにより眼瞼下垂を発症する方が増えています。眼科で見てもらった後にいろいろ探して、当院に来院される方も多いようです。美容外科を受診される方はどうせやるなら魅力的なきれいな目になりたいと希望されるようです。希望の目をリクエストしてみてください。




上眼瞼複合治療

31歳、女性。二重切開法、上まぶた弛み取り、くぼみ目修正
もともと二重のケースですが、ラインが定まらないので御来院いただきました。二重のラインが浅い、上眼瞼がくぼんでいる、左右差がある、二重のラインが定まらない、目の開きが悪く疲れて陰気に見える、などの悩みがあり、どうして良いかわからず、アドバイスを希望されていました。診察したところ、上まぶたが窪んでいてくぼみ目の状態でした。くぼみ目によりラインが上に引き上げられて、不自然な幅広ラインが形成され、目が開き難くなっていると考えられました。現在の状態及びそれに対する治療法の説明の後にモニター症例を見ていただいて、二重切開法にて修正をすることになりました。上まぶたの窪みが改善し、二重のラインも落ち着きました。きれいに手術できて、印象も良くなり感謝していただけたようです。
クリニックより:目の上に窪みができると、老けて見られると共に二重のラインが安定しないので、治療を希望される方に御来院いただいています。くぼみ目の場合、上まぶたの皮膚が引き上げられるために、二重のラインは幅広になりますが、目が開き難くなり瞳は小さく不自然になります。このような状態だと手術を引き受けてもらえない場合もあるようです。当院はすべての美容外科治療に精通した本格的クリニックです。他院で治療を断られた方や、普通の治療ではうまく行かなかった方も多数来院されます。一度カウンセリングを受診されてください。きっと道は開けます。




切らない弛み取り手術


30歳、女性。目力アップ手術、二重埋没法
一重のためにアイプチを使い生活していたケースです。長年のアイプチ使用のために上眼瞼の弛みがひどくなってきたこと、上まぶたの変なところにシワがついてきたので、手術を決意して御来院いただきました。診察したところ、上まぶたは伸びて弛んでおり、更に多数のシワがついたために二重切開法の適応と考えられました。ご本人も弛みがあることは、十分分かっており、切る手術も考得ていたようですが、今回はそこまで勇気がないとのことで、切らない弛み取り手術を希望されました。切らない範囲で上眼瞼をたくし上げて、表情豊かな目にしました。
クリニックより:アイプチを使っている人は20代から上眼瞼の弛みが出てくることがよくあります。弛みがある場合は、弛んだ部位を切開して切除するとスッキリした目になります。どうしても切りたくないという場合には、弛んだ上まぶたの皮膚をたくし上げることのより、スッキリ感が出るように努めています。切らない手術でもある程度は改善することができます。




二重埋没法目ヂカラ手術


19歳、女性。目力アップ手術、二重埋没法
一重で表情が暗く、第一印象が悪いのでアイプチを付けて外出していたケースです。出かける時、いつも大変だということで、親に承諾を得て、手術を希望して御来院いただきました。診察したところ目力が無く、重い感じの一重であり、目力アップすることで元気で河童ルナ表情になると考えられました。切りたくないというご希望で、埋没法の範囲内でできるだけ目力をアップさせるということで手術をお引き受けしました。手術後は表情豊かなパッチリ目になり、「化粧が楽になり、すぐ外出できる。」のと喜んでいただけたようです。
クリニックより:一重だと表情が暗く無表情になりがちです。友達や同僚から「不機嫌に見える」、「怒っていると思われることが多い」、「性格が意地悪に思われる」と言われ悩んでいる方もおられるようです。このような印象を改善したいというご希望で御来院いただくことがあります。目力アップに最も良いのは、切開法ですが、メスを使わない埋没法でも、ある程度は目力をアップさせ印象良い目にすることが可能です。表情豊かな愛らしい目になり、表情が柔らかになったと喜ばれています。




二重埋没法

25歳、男性。二重埋没法、目力アップ手術
一重で瞼が重く、表情が暗いといわれることが多いことを前から悩んでおり、今回思い切って手術を希望して御来院いただいたケースです。診察したところ、腫れぼったい一重で、重く暗い印象を受けました。二重の幅は奥二重ぎみで細くし、瞳はパッチリと明るい表情になるように設定して、手術を行いました。明るく溌剌としたイメージになり喜んでいただけたようです。
クリニックより:一重であるがために表情が暗く、怒っていると思われる様に見られ、第一印象が悪いからという理由で手術を希望される男性が増えています。特に営業職の方は第一印象で営業成績が決まる場面があり、顔の表情を気にされる方がいらっしゃるようです。男性の場合当然ですが、女性とは違う目の印象を作る必要があります。女性は、幅広の優しい目を希望される方が多いのに対して、男性は、比較的二重の幅は狭く、精悍で元気はつらつとした印象を希望されます。目の印象により、顔全体の感じが変わります。経験豊富な美容外科医に相談されるのが良いでしょう。




二重まぶた手術の効果


埋没法、切らない二重

中央クリニック仙台院の埋没法二重埋没法は、短時間で自然な二重まぶたに変身でき、メスを使わない二重手術法として人気です。手技が簡単で習得しやすい手術であり、埋没法ができないという美容外科医はほとんどいません。ですからどこでやっても誰がやっても同じといわれる方もおられます。しかし埋没法ほどいろいろな手技が考案されており、誰がやっても全く同じというわけではありません。
当院では長年の経験により、できる限り腫れが少なく、戻りにくい方法を考案し実施しています。全く腫れるのがいやという人のために特別法もご用意しております。カウンセリング際に詳細をご相談ください。埋没法により素敵な二重を手に入れてください。

二重埋没法

22歳、女性。二重埋没法
目が重く疲れて元気がない印象がイヤで長年アイプチをしていたケースです。毎朝のアイプチ生活も大変になり、思い切って手術を決意して御来院いただきました。診察したところ、色白で黒目が多きく、美人の要素が多かったのですが。一重のために目が重く小さく見えて、魅力を損ねていました。二重埋没法で、自然な二重を作りました。腫れも少なく若々しく元気な印象になりました。
クリニックより:疲れて元気がない印象の方には二重の手術が効果的です。元気でハツラツとした表情になります。年齢が若干上の方は、二重にすることにより目元が若返り喜んでいただくことがあります。瞳が大きく二重にするだけで、パッチリ目の美人になる方も多くいらっしゃいます。




二重埋没法

16歳、女性。二重埋没法
3年前からアイプチを使っていて、アイプチなしでは外出できなくなり、アイプチを卒業しようと御来院いただいたケースです。最初は、アイプチをしていても、特に問題はなかったのですが、徐々に上まぶた弛んできて、上まぶたに変なシワがついてしまいました。お母さんに相談したところ、「それなら手術したら。」と、手術を賛成してもらったので、お母さんと一緒にクリニックを受診されました。診察したところ、上まぶたの皮膚は伸びて、細かい皺が多数できていました。HPなどで、こちらのクリニックの技術力を確認していただいており、院長にお任せで、自分に合うような二重の作製を希望されました。手術は多少腫れましたが、すぐに腫れが減り、自然で綺麗な目になりました。家族からも「良かったね。」と言われて、喜んでいただけたようです。
クリニックより:一重の方はアイプチで簡単に二重を作ることができます。最初は、二重でパッチリ目になり喜ばれますが、アイプチをしないと外出できない状態になります。このような状態をアイプチ依存症と呼んでいます。さらにアイプチにより皮膚炎が誘発され、皮膚が赤く腫れたりガサガサになったりするようになります。皮膚炎を起こすようになるとアイプチを使用することは医学的に問題があります。このような場合、二重手術が効果的です。二重手術により生活がとても楽になるので、アイプチ依存症の方には、二重埋没法はとても喜ばれています。しかし中には、家族に反対されていて、二重手術ができないという方もおられるようです。家族とよく話し合い、相互理解を深めたうえで手術するのがベストです。場合によっては一緒に来院し、症例写真を見てもらうのも、理解の一助となることでしょう。




二重埋没法目ヂカラ手術

24歳、女性。二重埋没法、目力アップ手術
一重で目が細いのが嫌だったので高校生のころからアイプチをして目を大きく見せていたケースです。アイプチをしないと外出できなくなってしまい、出かけるとき時間がかかりとても大変なのと、上瞼に肌荒れを起こし赤くなり、変なところにラインがつくようになったので、思い切って手術を考え御来院いただきました。診察したところ、上まぶたにアイプチによる皮膚炎を起こしており、アイプチは不適と考えられ、二重手術の適応と考えられました。二重埋没法により、アイプチと同様のラインの作製を行いました。手術は比較的短時間で終わりました。痛みもなく、綺麗になりました。「こんなことならもっと早くやればよかった。」と喜んでいただけたようです。
クリニックより:アイプチは一度使用すると抜け出すことができなくなることが多々あるようです。上まぶたが赤くなっても、伸びてガサガサになってもアイプチをし続ける方が多くいらっしゃいます。このような場合には、二重手術でアイプチ生活を卒業することができます。アイプチ生活が長かった方には、手術後とても喜んでいただけるケースが多く、クリニックとしてもやりがいがあります。アイプチがいかに大変で負担がかかっているということを物語っているように思います。長い方ですと十数年もアイプチで頑張っている方もおられますが、一般的には2年くらいでアイプチの限界を感じ、手術を考えられる方が多いようです。




二重埋没法目ヂカラ手術


23歳、女性。二重埋没法、目力アップ手術
奥二重で印象が良くないことを気にされて御来院いただいたケースです。診察したところ、本人の言われるように、奥二重でぼんやりした印象を受けました。切りたくないということで、二重埋没法の範囲で、できるだけ目ヂカラアップをしてパッチリ目にしました。術後は希望通りにパッチリ目になり明るく華やかな印象になりました。
クリニックより:一重や奥二重で目の印象があまり良くないということを気にされて、御来院いただくことがあります。多くの方は切りたくないので、埋没法の範囲内でできるだけパッチリ目になりたいと希望されます。埋没法でも目ヂカラアップをすることにより印象が良い目にすることができます。数分で終わる手軽な方法なので多くの方に喜ばれています。




目力アップ手術

22歳、女性。二重埋没法、目力アップ手術
奥二重のためにアイプチでラインを広げて化粧していたケースです。毎日アイプチをするのに時間がかかり疲れたので二重の手術を希望して御来院いただきました。当院のホームページをご覧になり、当院が県外からの受診者が多いということを知り、信頼できそうだと、県外から受診していただきました。診察したところ、やや目の開きが悪く、表情が暗く活気が無い印象に見えました。パッチリ目になりたいけれど、できるだけ切りたくないというご希望でしたので、埋没法な範囲内で目力アップを行いました。術後はあまり腫れずに希望の二重が作製されました。遠方から御来院いただきましたが、スタッフとも仲良くなり喜んでいただけたようです。
クリニックより:一重や奥二重で疲れて見える、活気がない、怒ったように見えるなどの悩みを持つ方に、御来院いただくことがあります。そのような方には目力アップ手術をお勧めしています。瞳が大きくなりパッチリとして、元気で明るい印象に変わります。またまつ毛が上を向くので、スッピンでも出歩けるようになったと喜んでいただいています。




目力アップ手術

20歳、女性。二重埋没法、目力アップ手術 一重で目が細く重いのが悩みで、アイプチを使い化粧し外出していたケースです。上まぶたが伸びて不自然な皺が付いてきたので、もう限界と思い受診していただきました。診察したところ、アイプチの連用によると思われる皮膚炎が上まぶたに存在し、皮膚が伸びてシワがついていました。パッチリと目力のある印象良い目を埋没法で希望されており、目力アップ手術を紹介させていただきました。ご本人の顔に合った二重を作りたいとのことで、当院の院長にライン幅やバランス等をお任せいただきました。手術後、ほとんど腫れることもなく自然に目力アップした目を作ることが出来ました。「こちらのクリニックにお願いして本当に良かった。」と喜んでいただきました。
クリニックより:二重希望の方の多くは、パッチリ目になりたいと希望されます。そのような方には、当院は目力アップ手術をご案内しています。パッチリ目になれるということで目力アップ手術は大好評です。自分にどのような二重が似合うかわからないという方には、ご本人のご希望をお聞きした上で、アドバイスさせていただくことも可能です。ご相談お待ちしています。




男性二重埋没法


38歳、男性。二重埋没法、目力アップ手術
一重で目つきが悪く、いつも怒っているように見られるということで受診していただいたケースです。顔全体の表情を柔らかにして、印象を良くするために二重埋没法で二重を作ることを希望されていらっしゃいました。診察したところ、ご本人が言われるように、人を睨むような目つきで怒っているような印象がありました。二重埋没法でできるだけ目の表情を和らげるということで手術を行いました。手術当日には自分の希望のイメージを伝えるためにグラビア写真を持参していただきました。ほとんど腫れなかったために仕事にも支障なく経過しました。「柔和な印象にしてもらったので、もう怖い人と思われなくて済みます。本当に嬉しいです。」と喜んでいただきました。
クリニックより:男性の二重手術の患者様の中には、怖そうに見えるから表情を柔らかにしてほしい、第一印象を良くするために優しそうに見えるようにしてほしいという方が多くいらっしゃいます。特に営業職の方は見た目や第一印象により営業成績が決まることがあり、死活問題らしく気にされる方が多いようです。更に当院は「腫れない二重」もご用意しており、忙しいビジネスマンにも好評です。




埋没法目ヂカラ手術

20歳、女性。二重埋没法、目力アップ手術
重く眠そうな一重が悩みで、パッチリ目にあこがれ御来院いただいたケースです。できるだけ印象を良くしようとアイプチで二重を作っていらっしゃいました。なかなか気に入ったらラインができないために、外出するとき時間がかかり大変というので、二重の手術を決意されたようです。診察したところ上まぶたにアイプチで作ったラインが認められるものの、アイプチを落とすと眠そうな一重に戻っていました。埋没法で、できるだけ目力を出して印象の良い目にしました。手術は短時間で終わり腫れも少なく、綺麗になりました。自然なラインになったので喜んでいただけたようです。
クリニックより:アイプチをやり始めるとアイプチなくしては生活できなくなってしまうことが多々あります。外出したら顔を洗わない。寝るときもアイプチをするという方もおられるようです。アイプチなしでは、外出できない人をアイプチ依存症と呼んでいます。アイプチ依存の場合、上まぶたが皮膚炎を起こして赤くガサガサになってくるのが欠点です。できるだけ手術なしにやり過ごしたいという方が多いと思います、しかし依存症から脱却するためには手術するのも一つの方法ですので相談してみてください。




二重埋没法目ヂカラ手術

19歳、学生。二重埋没法、目力アップ手術
重い感じの一重で、長い間手術しようかなあと思っていましたケースです。なんとなく踏切がつかなかったということですが、今回友達が二重の手術をしたということが分かりすぐに自分もやろうと決意し御来院いただきました。二重の手術をやるからには綺麗になりたくて、パッチリ二重を希望しておられました。診察したところ、まぶたが重いタイプの一重で、睨んでいるようにも見えました。目力アップさせることにより、活発で魅力的な目になりました。派手目の化粧も決まるようになり毎日がうれしいと、喜んでいただけました。
クリニックより:手術したいと思っていたけれど、なんとなく手術に踏切がつかないと、悩まれる方もおられます。友達が先に手術した、同じような悩みを持つ同僚が一緒に手術をしようと誘われた、などの切掛けで、突然踏切がついたという方もいらっしゃいます。手術に興味があるがどうしたら良いかわからない方のために、無料カウンセリングを行っております。気軽に受診されてみてください。




埋没法目ヂカラ手術

20歳、学生。二重埋没法、目力アップ手術
一重のため眠そうに見えたり、暗い印象に見られたりすることがコンプレックスで受診していただいたケースです。これまで派手な化粧で、小さい目をできるだけ大きく見せて、誤魔化していましたが、化粧するのも限界があるので手術を決意し御来院いただきました。できるだけ腫れないように、そして自然なパッチリ目を希望されていました。診察したところ、暗い印象に見える重い一重で、ご本人の希望が良くわかりました。高い希望でしたが、思い通りになれて喜んでいただけたようです、化粧もばっちり決まります。
クリニックより:今の状態はイヤだけれどどうしていいのかわからない、どのようにすれば似合うか教えてほしい、という方に多くご来院いただいています。もし憧れている女優さん、モデルさんがいるようであればグラビア等を持ってご来院ください。適切なアドバイスをいたします。




他院修正太い二重設定

26歳、女性。二重幅変更、二重埋没法
6年前に大手美容外科で二重の手術をしましたが、きれいなラインにならなかったので、アイプチで固定して生活していました。アイプチ生活も限界になり、再度手術を決意しましたが、もう失敗したくなかったのでいろいろなクリニックをまわり、話を聞き、当院を受診していただきました。アパレル販売の仕事をしており、派手な化粧をすることが多いので、できるだけ太い二重を作ってもらうよう希望されていました。二重埋没法により希望のラインで二重の幅変更を行いました。術後もさほど腫れずに希望通り仕上がり、化粧も決まるようになり満足していただけたようです。
クリニックより:最近はできるだけパッチリ、太い二重でと希望される方が増えています。当院では御希望を伺った上で、できるだけ期待に添うように努めております。ご相談をお待ちしています。




埋没法

20歳、女性。二重埋没法
一重で目が細く小さいことに悩んでいたケースです。小さい目を隠すためにいろいろ工夫してメイクしていましたが、時間がかかるばかりで苦労が絶えないので、二重の手術をすることを決意して御来院いただきました。診察したところ全体的に目が小さく、切開法の適応とも考えられましたが、切りたくないという御希望により埋没法の範囲でパッチリ目を作製しました。手術後は、派手な化粧もばっちりきまり、ファッションの幅も広がったので満足しています。
クリニックより:化粧がきまらないから手術したいということで来院される方も多数いらっしゃいます。お洒落したくとも化粧がきまらないと、ファッションが制限されるというのがその理由のようです。目を一重から二重にしただけで印象が変わり、派手なメイクが可能になることが多々あります。二重埋没法により比較的短時間で希望がかなうことが多く、手術も一つの選択肢としてお考え下さい。




二重埋没法目ヂカラ手術

21歳、女性。二重埋没法
重い感じの一重のために暗い印象に見えるのが嫌で、アイプチをしたり、付けまつ毛をしたりして化粧していたケースです。長期のアイプチや付けまつ毛により、上まぶたが腫れて変なラインが入るようになったので美容外科で治療することを決意して受診していただきました。診察したところ、眠そうな重い一重まぶたで、表情が暗く見えました。二重埋没法で、できるだけ印象の良い二重を作製しました。手術後は目がパッチリして、表情が明るくなりました。
クリニックより:一重の場合、アイプチをしていて自然に二重になる場合もあるようです。しかし多くの場合は、途中で赤くなったり、腫れたり、ラインがくずれたりするために困って御来院いただくことが多くあります。上眼瞼がガサガサになり、上まぶたの皮膚が弛んで来た場合は、要注意です。上まぶたが突然真っ赤に腫れ上がることもあります。経験豊かな美容外科医に相談してみてください。




二重埋没法

21歳、女性。二重埋没法
目元が重い一重を、アイプチで留めて生活していたケースです。アイプチでも二重のラインが付きにくく安定しないために、朝時間がかかるのが嫌で手術希望され、御来院いただきました。診察したところ上まぶたにアイプチによる皮膚炎を起こしていて、アイプチ生活も限界に近いと考えられました。二重埋没法で重苦しい印象を明るい表情に変えました。
クリニックより:二重の手術を希望して御来院いただく方に、アイプチ経験者は非常に多いというのが現状です。アイプチを始めたら止められなくなり、アイプチなしでは外出できない、アイプチを外した顔を他人に見せられないという方もいらっしゃいます。上まぶたのたるみ、発赤、肌荒れなどに陥り、どうしようもなくなって来院される方もおられます。手術後は皆さん朝が本当に楽になったと言っていただきます。時間を効果的に使うという意味でも二重手術は役立つようです。



埋没法目ヂカラ手術

19歳、男性。二重埋没法、目力アップ手術
元気がなく眠たそうなイメージのはれぼったい一重を変えたいということで受診されたケースです。目が一重だと顔全体の表情が暗くなると気にされておられました。診察したところ、まぶたが厚く瞳に被さり、全体のイメージが悪くなっていました。二重埋没法で目ヂカラを出し、元気ハツラツな印象に変えました。
クリニックより:男性でも整形手術を希望される方が急増しています。一重のために、暗く見える、間が抜けて見える、表情が無く何を考えているのかわからない、と言われることを気にされて来院する方もいらっしゃいます。暗い印象に見えるために友達と仲良くなれない、打ち解けられないという切実なお悩みもあります。二重の手術することにより、第一印象はかなり良くなります。第一印象の改善に手術も一つの方法かもしれません。




埋没法目ヂカラ手術

21歳、女性。二重埋没法、目力アップ手術
一重で印象が悪いので、長期にアイプチをしていたケースです。一度アイプチをしたら、アイプチなしには外出できなくなってしまい、朝大変なのと、泊りに行けないので、二重埋没法の手術をやりたくて当院を受診していただけました。今まで下がっていた眼が開いて、印象の良くなり、化粧する時間が短縮されるようになりました。派手な化粧も決まるようになりました。手術して良かったと喜んでいただけました。
クリニックより:一重の方の中には、少しでも印象を良くしようとアイプチを付けて化粧をしている方が多いようです。アイプチをすると、アイプチ無しでは、外出できなくなり、朝時間がかかって大変なのと、泊りに行けない、プールや海に入れないという話をよく聞きます。友達と旅行に行ってもアイプチを取らずにアイプチをしたまま寝ているという話を聞いたことがあります。手術希望の方には、このアイプチ依存から抜け出したい、という方が多くいらっしゃいます。二重埋没法は上まぶたを糸で固定するだけの簡単な手術で、5分から10分程度で終わります。さほど腫れないという利点もあり、喜ばれています。アイプチ依存な方は考えてみてください。




仙台中央クリニックの埋没法 人気の理由

メスを使わないので安全で傷が残らない


他人に気付かれる様な腫れがほとんどない


視力、眼などへの影響がまったくない(まぶただけに処置をほどこすため)


埋没法なので、二重ラインの修正も可能


手術時間は10分程度で翌日から洗顔、メイクがOK


通院の必要が無い

埋没法二重について教えてください


腫れない二重手術

腫れを最小限に抑えて、ダウンタイムを短くしたいという方に仙台中央クリニックでは、腫れない二重手術をご案内しております。手術したことが家族に秘密にしたい、忙しくて休めない、手術後用事がある、遠方から宮城県仙台市に来る予定がありそのついでに手術したい、人に知られず少しだけ変わりたいという方が、腫れない二重手術を希望され、喜ばれています。
腫れない二重手術は、当院の美容整形手術の中で最も人気のある手術です。東京、神奈川、千葉、埼玉などの首都圏から、腫れない二重手術を受けるために御来院いただくケースが、増えています。当院の腫れない二重手術が全国的に認知された結果であると、スタッフ一同喜んでおります。東北全県のほか、東京、神奈川、千葉、埼玉など首都圏、名古屋、大阪、福岡などから御来院されるすべての患者様を歓迎させていただいています。

腫れない二重

48歳、女性。腫れない二重
14年前大手美容外科で二重埋没法の手術をやりましたが戻ってしまったケースです。二重が戻ると共に上眼瞼の皮膚が垂れて、被ってきたので修正手術を希望して来院されました。診察したところ前回の二重は全く戻っており、年齢と共に伸びて垂れてきた上まぶたがまつ毛の上に覆いかぶさっていました。予定がつまっていて手術するのはその日しかなく、翌日には就職面接が入っていたので絶対腫れたくないので「腫れない方法」をリクエストされました。腫れない方法で手術を行い、本当に全く腫れず、面接へも印象良く行くことができ喜んでいただけました。
クリニックより:手術はやりたいけれど、腫れるのが困る、忙しくて手術後休めないという方も多数御来院いただいています。その様な方には、腫れを極小に抑える「腫れない方法」で対応させていただいています。前回の手術で腫れたので、今回は腫れたくないという方、前回の腫れがトラウマになっているという方にも喜んでいただいています。




二重腫れない手術


33歳、女性。腫れない二重
これまでに他院で埋没法を2回行い、2回とも抜糸しているケースです。最初、一般病院の眼科で二重埋没法をしてもらいましたが、うまくラインが出ずに、糸を取りました。次に美容外科のクリニックで二重埋没法をやってもらいましたが、糸が飛び出してきたので、また糸を取りました。どうしても二重になりたいものの、もう修正再手術はしたくないということで、インターネットで検索して他院修正手術を多く手掛けている当院を受診していただきました。診察したところ、前回の二重のラインは取れてしまっていましたが、よく見るとラインを付けた位置が想定できました。前2回の手術はライン設定が悪い可能性が考えられ希望をお聞きした上で綺麗なラインが出る位置を選んでライン設定を行いました。今回で3回目の手術でとても不安だということで腫れない二重手術で行いました。腫れないで綺麗にできたので友達に電話したところ、友達も興味津々らしく翌日見に来て、「綺麗で腫れてないね。」と喜んでくれたということです。
クリニックより:修正手術で来院いただく方には、腫れない二重手術が好評です。前の手術の晴れの大きさが精神的なトラウマになっている方もいらっしゃいます。腫れない二重手術を行った方には「前回に比べて腫れない。」といことで大変喜んでいただくことが多々あります。腫れるか腫れないかは、どうしても個人差があるので全く腫れないというわけにはいきませんが、腫れを極限まで抑える手術という事で好評です。




幅広腫れない二重


25歳、男性。腫れない二重手術
一重で目つきが悪く、印象が良くないので、印象を良くしようと、アイプチをして外出していたというケースです。長期のアイプチ使用により上まぶたが赤くかぶれてきたので手術を希望されて御来院いただきました。ご本人の希望は、幅広の二重ラインを作ってほしいということと、腫れない方法で手術をしてほしいということでした。希望を叶えるためにインターネットで検索して当院を受診していただきました。診察したところ上まぶたにアイプチの皮膚炎が存在し、アイプチによる極太ラインが薄っすらと付いていました。アイプチラインにライン設定するとラインが太すぎて、目が開かなくなる可能性が強く、その旨説明させていただきました。二重の幅で迷われましたが、最終的に当院の院長を信じて、院長先生にお任せすることになりました。その結果腫れないで綺麗なラインを作ることが出来ました。「先生を信じて正解でした。」と喜んでいただけました。
クリニックより:最近は、幅の広い平行型の二重を希望される方が増えています。幅広の平行型二重は、さりげない二重と比較して手術の難易度が高いということを注意する必要があります。あまりに幅広のライン設定にすると、手術後目が開きづらく眠そうな目になることもあります。どうしても幅広ラインを希望する方は、最初から熟練した美容外科医に相談されることをお勧めいたします。尚、当院では手術後すぐに予定が入っている方のために、腫れない二重手術をご案内可能です。腫れを極限まで抑えることができます。二重の手術後あまり休めない方はご相談ください。




できるだけ太い二重埋没法

22歳 女性。腫れない二重、他院修正手術
太い二重を希望して他院大手美容外科で埋没法二重の手術を2回行ったものの上手くいかなかったケースです。確かに二重にはなったものの、希望の太いラインにはなりませんでした。もう一度手術をしてもらおうと思い、そのクリニックに行ってみましたが「これ以上は無理。」と言われ、諦めるしかないのかなあと思っていましたが、ここのクリニックを知って、何とかしてくれるのではないかと、とりあえず受診してみたとのことでした。診察したところ、幅広の二重を希望されており、そのためにラインが定まりにくくなっていると考えられました。埋没法の限界まで幅広ラインを設定して、それでもダメなようなら切開法を考えるということで手術をお引き受けしました。極力腫れたくないとの希望のために腫れない手術を行いました。「ほとんど腫れずに希望の二重になり感激です。もっと早く来ればよかった。」と言っていただきました。
クリニックより:二重の手術は美容外科の基本ですが、簡単に希望がかなえられないケースも有ります。術後希望通りでないと悩む方もおられます。そのようなケースは、美容外科医の実力の見せ所です。希望のラインができずに何度も同じ手術を繰り返す方もいらっしゃるようですが、上手くいかなかった場合、同じ手術を何度も繰り返すことはお勧めできません。希望を叶えるためには方法を変える必要があります。一番のおすすめはベテラン美容外科医に一度でビシッと決めてもらうことです。




二重埋没法目ヂカラ手術


20歳、学生。腫れない二重
目が腫れぼったく重い印象の目で悩んでいたケースです。埋没法でできるだけパッチリ目になりたいと御来院いただきました。診察したところ右は完全な一重で、左はラインの狭い二重で、左右の目の大きさが異なりアンバランスの状態でした。腫れるのがイヤということで、腫れない方法で手術を希望されました。目の左右差を矯正し、更に目がパッチリ開くようにしました。手術直後でも腫れは極小であり、当日から外出できたということです。
クリニックより:手術したいけれど忙しくて休めない、次の日から学校があるけれど、手術したことを友達に知られたくない。このような理由で、腫れない二重手術を希望される方が増えています。一般的に二重の手術は多少腫れるために、手術直後は結果が分かり難いという欠点があります。しかし腫れない二重は術直後から結果が明らかで、特にこのケースのように左右差があるような場合は、手術中に微調整をするうえで有益な場合があります。希望の方は「腫れない二重手術希望」と、医師、スタッフに相談してみてください。




他院修正腫れない二重


24歳、女性。腫れない二重
以前、他の大手美容外科クリニックで二重の手術を行ったものの、腫れが強くラインが気に入らなかったので、すぐに戻してもらったケースです。今回は、もう失敗したくないという気持ちで当院を受診していただきました。一重で印象が悪いので、二重にして目の印象をできるだけ良くしたいのと、前回凄く腫れて仕事に行けなかったので腫れない二重手術でやりたいと希望されていらっしゃいました。腫れない二重手術で腫れないように目の印象を変えました。半信半疑で御来院いただきましたが、本当に腫れず、経過も順調で感謝していただきました。
クリニックより:以前他のクリニックで手術後ものすごく腫れてしばらく外出できなかった、仕事を休めないので腫れを抑えたい、という方には腫れない二重手術をご用意しております。本当に腫れないのだろうか、任せて大丈夫だろうかと半信半疑で受診していただくケースもありますが、喜んでいただいています。気軽にご相談ください。




腫れない二重手術


21歳、女性。腫れない二重
一重で暗い印象に見られるのが嫌で悩んでいて、時期が来たら二重の手術をやろうと決めていたということです。前からどこのクリニックがいいか探していましたが、インターネットでたまたま当院を知り、「ここしかない。」と受診していただきました。診察したところ、本人さんの指摘通り、重い一重で表情に乏しく、暗い印象に見受けられました。パッチリ目を作製して表情のはっきりした魅力的な目を目指すことにしました。いろいろ外せない用事があり休めないために、腫れない二重手術で希望されました。腫れない二重手術を行い、「綺麗にしてもらえて、スタッフさんも皆さん親切で嬉しかったです。」と喜んでいただきました。
クリニックより:お忙しく休めない方が多いからでしょうか。腫れない二重手術を希望される方が増えています。手術後は、できれば何日か休んでもらうのがベストですが、皆さんそうはいかないのだと思います。当院ではどうしても腫れたくない方に対し、腫れない二重を案内がしています。経験豊富な美容外科医に相談されるのが良いと思います。




切開法

二重切開法は、上眼瞼を切開してラインを設定する方法です。強力にラインが固定されますので、埋没法と違いラインが消える事がなく、幅の広い二重や平行型にされたい方に適します。現在は二重手術といえば埋没法が全盛で、切開法は腫れるのではないか、傷が残るのではないか、一度手術したら修正不能なのではないか、ということで敬遠する方が多いと思います。医師の側でも切開法を習得した医師が少ないために敬遠する傾向があります。しかし熟練した医師にやってもらえば、切開法は、さほど腫れずにくっきり、ぱっちりで理想の目にすることができます。上のランクの美容整形を希望される患者様に喜ばれています。埋没法で思い通りにならないときは切開法を考えてみてください。
二重の切開法には、ごく僅かな切開を行うミニ切開法、二重のラインの一部を切開する部分切開法、二重のラインに沿って切開する全切開法があります。当院ではミニ切開法、部分切開法、全切開法のすべてを行っており、ご案内可能です。
二重切開法は、失敗すると悲惨な結果になることがあります。二重切開法を行う際には、医師選びクリニック選びを慎重に行うことをお勧めします。

切開法二重


18歳、女性。二重切開法
腫れぼったい一重で、アイプチをしていましたがラインが安定しないため、二重の手術を決意し御来院いただいたケースです。診察したところ、上まぶたが厚く、幅広い二重を希望されておりましたので、切開した方が良いとのアドバイスをさせていただきました。ご本人の希望をよく聞いて、二重切開法で皮膚切開や脂肪除去を行いました。術後の腫れもすぐ引いて、希望のラインとパッチリ目になり喜んでいただけたようです。
クリニックより:現在、二重の手術と言ったら、埋没法が主流で、何が何でも埋没法で二重にしたいという方もおられます。しかし中には自分の目の状態をよく理解し、切開法を希望される方もおられます。切開法は、脂肪を取り、上眼瞼の皮膚を切除して、希望する細工を加えることができるので、その方に合ったワンランク上の結果が得られます。埋没法では叶えられない腫れぼったい方の二重設定、幅広の二重設定などワンランク上の希望をお持ちの方は、切開法を御考慮ください。




切開法二重

48歳、女性。二重切開法
上まぶたのたるみのため視界が遮られて見にくいということで御来院いただいたケースです。まぶたが弛んでいると年取って見えるので治したいと希望されていました。診察したところ上まぶたが外側優位に垂れ下がり、一部視野にかかっていました。二重切開法でたるみを取り目元を若返らせました。パッチリ目になって若返ったので喜んでいただけました。埋没法と比較すると切開法は、少し抵抗があと言われる方が多いようです。当院では症例写真を見せて、技術レベルを理解してもらったうえで切開法をお勧めしています。「ほとんど腫れないで手術してもらい、ダウンタイムも本当に短かった。」「先生を信じて正解でした。」と喜んでいただけるケースが多々あります。
クリニックより:上まぶたのたるみがある方には、切開法二重がお勧めです。たるんだ上まぶたを切除し、パッチリ目にすることができます。切開法に抵抗があるという方が多いのですが、経験豊富な美容外科で行えば非常に有益な手術です。腫れも1週間以内に落ち着くことが多く、外出も普通にできたと言われる方も多くいらっしゃいます。切開法も一つの方法としてご検討ください。ただし経験の無い美容外科では切開法は失敗するケースも多く、修正手術は非常に難易度が高くなります。全く任せるのではなく、自分の担当医の経験と技術を見極めたうえで手術をお願いするのが良いでしょう。




切開法二重

55歳女性。二重切開法
年齢と共に上まぶたが下がってきて老けて見られることを気にされて御来院いただきました。診察したところ、上まぶたの皮膚が伸びて視野にまで下垂し上部の視野の欠損を起こしていました。更に目が小さく見えて美容にも損失をきたしていました。二重切開法の適応と考えられアドバイスさせていただきました。余剰の皮膚、たるみや脂肪を取り、目をパッチリ開くようにしました。腫れもなく経過順調で、若々しく見えるようになり満足していただきました。
クリニックより:上まぶたが弛んでくると、皮膚が視界に入るために、視野が遮られ、目が小さく見えるということを気にして御来院いただくことがあります。軽度のタルミの場合は、二重埋没法でも改善できる可能性がありますが、ある程度以上の場合は、切開が必要になります。余分な皮膚や脂肪を取ることによりスッキリして若返る効果があります。




切開法 目元の修正

42歳 女性。二重切開法
「お手入れを怠ったせいでしょうか、上まぶたが伸びてラインが何本も出るようになってしまいました。」と言って受診していただいたケースです。目が開きづらく、老けて見られるので、目元を修正を希望されました。診察したところ上まぶたが弛んで皮膚に何本も皺が出来て目が開き難くなっている状態でした。「切開法で上まぶたのシワ、たるみ取りをすれば、目力アップするでしょう。」アドバイスさせていただきました。院長先生にお任せしたいとのことで、二重切開法で手術させていただくことにしました。手術により上まぶたのたるみ、しわを取り、目力アップして若返った印象にしました。「下を向いていたまつ毛も上を向くようになったので、化粧しやすくなりました。」と喜んでいただきました。
クリニックより:年齢を重ねることにより上まぶたが弛んでラインが何本も出てきて、まとまりがつかない状態になることがあります。このような方には切開法二重がお勧めです。上まぶたのシワ、たるみを取り、目が良く開くようにします。比較的タルミの程度が軽い場合や、切るのがどうしても嫌という方には、切らないたるみ取り、目力アップ手術もご案内可能です。当院ではご本人の希望や、仕事の休みなどの事情を聴いて手術方法を選択しています。気軽に相談してみてください。




目元の修正

42歳、男性。上まぶたの弛み取り手術
年齢と共に上まぶたが弛み、シワが出てきたということで御来院いただきました。診察したところ上まぶたに何本もシワが出来て目が開きづらくなっていました。何本も出ているラインをまとめて1本にして目を開き易くしました。若々しい印象になりました。
クリニックより:上まぶたが弛んでくると、皮膚が折れ曲がり多数のシワが出来て、開眼がしづらくなることがあります。ラインをまとめることで目が開き易くなり、更に美容的にも改善します。若々しくなったと喜んでもらっています。




切開法二重について教えてください

脂肪取り二重

脂肪取り二重とは2−3ミリの小切開よりまぶたの脂肪を取る手術です。同時に二重を作ることにより目をパッチリにすることが出来ます。腫れぼったいまぶたをスッキリさせ、目をパッチリさせたいという方に好評です。傷は小さく二重のライン上に来るので、ほとんど目立ちません。当院では遠方から来院され、何度も通院できないという方の希望に応え、通院の必要がない方法もご案内可能です。

脂肪取り二重

20歳、女性。脂肪取り二重
腫れぼったく重い感じの目を、何とかしたいということで御来院いただいたケースです。まぶたに脂肪が多く、上まぶたが重い印象があり、脂肪取り二重をすることにしました。上まぶたの脱脂をすることにより上まぶたが薄くなりスッキリとした印象に変わりました。明るく大人っぽくなったと言われるようになり満足していただけました。
クリニックより:脂肪が多く腫れぼったいまぶたの方は脂肪取り二重が有効です。しかし最近、脂肪取り二重の失敗修正手術を希望される方が多く来院され注意が必要です。脂肪があまりないタイプのまぶたの方にも脂肪取り二重が行われることがあるようです。「あまり変らない」、「上まぶたが凹んでしまった」、「かえって眠そうな目になった」とのことで修正、手術に来られる方がいらっしゃいます。まぶたが重い症例にはいろいろな理由があります。原因を診断した上での治療が必要です。一度手術した症例は修正には高度な技術を必要とする場合があります。脂肪取り二重をされる場合は、経験豊富な美容外科に診察してもらったのちに手術をお願いするのがトラブル回避をする上で重要であると思います。




脂肪取り二重について教えてください

目頭切開

東洋人には目の内側に蒙古襞という襞が存在して、目の内側を覆っている場合が多く見受けられます。その差は欧米人の目元と比較すると明らかです。蒙古襞があると目と目が離れて見えます。また、間が抜けて見えたり、幼く見えたりすることがあります。そのために目頭切開を希望する方に多く御来院いただいています。目頭のヒダをわずか数ミリ切除するだけで幼い感じから大人っぽい感じ、欧米人型の印象になります。目頭切開は 並行型の二重にしたい方、目が離れているのが気になる方、小さな目を大きくパッチリ させたい方に最適です。「傷が目立つから」という理由で目頭切開を敬遠するクリニックもあります。目頭切開の傷跡を気にされ、どうしたらいいか相談される方もいらっしゃいます。当院では男性の方にも多数目頭切開をおこなっておりますが、隠さなくとも傷が気になるという訴えは今のところありません。
幅広二重目頭切開

22歳、女性。目頭切開、二重切開法
まぶたが重いのが気になり、パッチリ目を希望して御来院いただきました。上まぶたの脂肪が多く、少したるんでいるタイプでした。更に目頭の蒙古襞が張って、瞳の大きさに左右差がありました。そこで二重全切開法により脂肪取り、たるみ取り、左と右の瞳の大きさを調整しました。目頭切開により、目頭蒙古襞の修正を行いました。「かなり無理な要望にも先生は応えてくれて希望の目になりました。家族にも友達にも好評で嬉しいです。手術を決めかねて悩んでいる方は思い切って相談されることをお勧めします。悩める女性のために写真を協力させていただきました。」ご本人より以上のようにコメントいただき写真を協力していただきました。ありがとうございました。
クリニックより:できるだけパッチリ目、幅広の二重を希望された症例です。全切開法で上まぶたの脂肪取り、たるみ取りを行い、目頭切開で横方向に目を大きく広げました。目が大きくなったということで喜んでいただきました。初めて二重の手術を希望される方は埋没法が多いのですが、最初から切開法を希望される方も最近は増えてきました。切開法は経験豊富な医師が行えば非常に有益な手術ですが、経験のない医師が行うと不幸な結果を招く場合もあります。切開法を希望される方は、手術される前に担当医のモニター写真を見せてもらうなどして、その美容外科の技術を確認したうえで手術をお願いすることをお勧めします。




二重目頭修正

40歳、女性。目頭切開、二重埋没法
昔から目が小さくて悩んでいたケースです。年をとったら上瞼が垂れてきてなおさら小さく見えるので、思い切って手術してもらうと希望して来院されました。アーモンド型の丸い目にあこがれていて、せっかく手術するなら希望を通したいので、いろいろなクリニックに相談に行きましたが、「目と目の間隔が狭いので希望の目になるのは難しい。」ということで引き受けてもらえなかったようです。最後の望みで当院を受診されました、院長から「微調整すれば大丈夫です。」のコメントを貰い目頭切開と二重切開法の手術を行いました。やっと引き受けてもらい喜んでおられました。さほど手術後も腫れずに自然なアーモンド形の目に変えることができました。上手くいったので鏡を見るのが毎日楽しみだと満足していただいたようです。
クリニックより:アーモンド型の目を希望される方に多く来院いただいています。目頭を同時に修正する必要があり経験と技術を要します。特に目と目の間隔が狭いケースでは目頭切開が難しく、手術後神経質で、爬虫類的な顔になることがあります。経験豊富な医師に相談されることをお勧めいたします。




目頭切開眼瞼下垂

25歳、女性。目頭切開、切らない眼瞼下垂
目が開き辛く小さいことがコンプレックスで、アイプチをつけて、派手な化粧でごまかしていたケースです。長年のアイプチ使用により上まぶたがたるみ、ガサガサになってきたのと、今後も悩みを抱えて生活するのは嫌になったことで、二重の手術を考えるようになったようです。どうせやるなら綺麗になりたいので、自分に合った綺麗な目にしてくれるクリニックを探し、当院のHPの症例写真を見て感動し、希望通りにやってくれそうだと思い受診していただきました。できるだけ目がパッチリに見えるようにリクエストされました。診察したところ、軽い眼瞼下垂により目が開き辛く、上まぶたにアイプチ皮膚炎が存在しました。更にやや目と目が離れていました。パッチリ目作製のためには眼瞼下垂の手術と、目頭切開が必要と考えられアドバイスさせていただきました。手術直後から目がパッチリになり視界が開け、日に日に腫れが引いて希望していた目になりました。「手術して本当に良かった。」と喜んでいただきました。「悩める方のために自分の写真も見ていただきたい。」と写真を提供いただきました。モニター協力していただき有難うございました。
クリニックより:目が小さくて暗い印象に見えるという方に、眼瞼下垂の手術と目頭切開をすることで、大人っぽく綺麗な印象にすることが可能です。眼瞼下垂の手術をすることにより目が楽に開くようになりますから、パァッと視界が広がったと表現する方が多いようです。目頭切開で離れていた眼を修正すると、上品で大人の印象になります。目頭切開と眼瞼下垂手術により、小さかった目の存在感が増します。




目頭切開二重

20歳、女性。目頭切開、切らない眼瞼下垂
目が全体的に小さく印象が悪いのでアイプチや派手な化粧で誤魔化して外出していたケースです。化粧がとても大変で時間がかかるので手術を決意して御来院いただきました。眠そうとか目つきが悪いと言われることがあるので、目を存在感があるように大きくして、元気はつらつとした魅力的にしてほしいと希望されていました。診察したところ、目と目の距離が開いており、更に眼瞼下垂症状がありました。希望に近づくためには目頭切開と、眼瞼下垂手術が必要と思われました。手術後は目が縦方向、横方向共に大きくなりました。「皆に印象が良くなったといわれる。」と。喜んでいただきました。
クリニックより:目が全体的に小さい方は縦方向、横方向ともに広げることにより印象の良い目を作ることができます。眼瞼下垂手術と目頭切開手術を併用して、眠そうで疲れたイメージから元気で活発な印象になります。「手術前は化粧をしないで外出をするなんて考えられなかったですが、手術をしたらスッピンでも出られるようになりました。」と喜ばれています。




目頭切開二重


20歳、女性。目頭切開、二重埋没法
重たい一重で目と目が離れているので、化粧映えが全くせず、第一印象が悪く悩んでいたケースです。アイプチをして外出していましたが、時間がかかるのでもう手術するしかないと心を決め、希望の目のグラビアを持参して御来院いただきました。診察したところ、目と目が離れており、目力の無い一重の状態でした。二重埋没法で綺麗な二重を作り、目頭切開をして目と目が離れているのを修正してしました。華やかな感じになり、化粧してもバッチリ決まるようになりました。「手術してよかった。」と満足していただきました。
クリニックより:重い感じの一重や目と目が離れている事を気にされて、化粧で苦労している方は多いようです。二重のラインを作るのに時間がかかる、ラインが付いたと思っても安定せずはずれてしまうといられる方もいらっしゃいます。このような方には、二重の手術と目頭切開の同時施行によりパッチリで華やかな感じの目になりますので喜ばれています。




目頭切開二重手術

24歳、女性。目頭切開、二重埋没法
高校の時からアイプチを使っていてなんとなくラインはつきましたが、アイプチを取ると自分の理想とは少し違う眠そうな目なので、何とかしたくて受診していただきました。かわいいパッチリ目になりたくて治療を決意されたということです。診察したところ、蒙古襞により涙丘がおおわれており、上まぶたに浅いラインはついていましたが、目力はありませんでした。目頭切開と二重埋没法により、表情のある明るい眼を作製しました。
クリニックより:長期にアイプチをしているとなんとなく二重になるケースもありますが、目が大きく表情のあるパッチリ目になることはまずありません。ほとんどの場合、上まぶたに浅いシワが付いただけで、ラインは奥に入らず、目力のない眠そうな印象になります。残念ながら印象の良い目は望めません。こんなときは手術を考えるのも一つの解決策です。




目頭切開二重

23歳、女性。目頭切開、二重切開法
目が小さいことを悩み御来院いただきました。目が離れていて重い一重であり、目が小さく見えるので、目頭切開で横方向に拡大し、二重切開法の手術で縦方向を増加することをアドバイスいたしました。最初は少し心配されておりましたが、モニター写真を見て御納得いただきました。最後は院長先生を信じてお任せいただきました。手術後はクリクリの二重になり感謝していただきました。「信じて良かったです。」とコメントいただきました。
クリニックより:目が離れていて小さく見える方には、目頭切開がお勧めです。最近は皆様インターネットなどで事前に勉強されて来院される方が多く、知識の多さに驚かされることもあります。しかしその反面、他院で目頭切開を行ったが、全く目頭が開いていないということで修正を希望される方も増えています。二重や目頭切開は顔の印象を変える重要なポイントとなります。手術される際には、モニター写真を多く見て、手術担当医の技術を良く知ってから手術を依頼することが重要です。




埋没法二重目頭切開

埋没法二重目頭切開

19歳 男性。目頭切開、二重埋没法
目が一重で、離れているのが悩みで、当院の院長に相談したケースです。グラビア写真を持って受診していただきました。診察したところ、内眼角間距離が開大し、目が上がりにくい状態であり。目頭切開と二重の手術をアドバイスいたしました。切ることには抵抗があり目頭切開はやろうかやるまいか悩まれたようです。希望の目になりたいという思いが強く、最終的に院長を信じてお任せすることになりました。結果的には希望の目になり、喜んでいただけました。
クリニックより:蒙古襞が張って、目と目の間の距離(内眼間距離)が40ミリを超えると、目と目が明らかに離れてカッコが取れない目(醜形)になるといわれています。そのような方には目頭切開の手術をお勧めしています。内眼角間距離が大きいと、なんとなく間が抜けた顔になりますが、目頭切開をした後はすっきりと印象の良い顔になります。




目頭切開について教えてください

目頭切開修正、蒙古襞形

日本人の多くは、目頭の部位に蒙古襞という襞があります。蒙古襞が発達していると、目が離れて、子供っぽく見えるので目頭切開してほしいという方が多く来院されています。しかし、逆に蒙古襞が全くない場合、目がくっ付いて、神経質で、爬虫類っぽく見えるということで、蒙古襞を作ってほしいという方もおられます。目頭切開して切りすぎた場合、戻してほしいという方もおられます。これが蒙古襞形成術、目頭切開修正術という手術です。目頭形成手術をすることにより、とがった目頭は丸くなり、やや目が離れて見えるようになります。目と目の間の距離が広くなり、神経質な印象から柔らかな表情になります。

蒙古襞形成術


42歳、男性。蒙古襞形成術
蒙古襞がなく、目頭が切れ込んでいるために受診されたケースです。目がよって神経質なイメージに見られがちなので修正してほしかったのですが、手術している美容外科がなく困っていたとのことです。いろいろ検索し、当院が蒙古襞形成術をお引き受けしているとことを知り、御来院いただきました。診察したところ目の横幅より、内眼角間距離が狭く、目頭が尖っており、蒙古襞形成術の適応と考えられました。目頭が丸くなり、温和なイメージになりました。
クリニックより:目が寄っていて、神経質に見える、爬虫類系の顔に見られるという方に、蒙古襞形成術は有効で、温和で日本人的な顔になったということで喜ばれています。最近は、他院で目頭切開をしたら、爬虫類のような印象になったので修正してほしいという、目頭切開修正術の方も、増えています。目頭切開修正術、蒙古襞形成術は行っているクリニックが少ないので、宮城県外の山形、岩手、福島、秋田、青森など東北各地や、東京、神奈川、埼玉、千葉などの首都圏や、遠く名古屋、大阪などからもご来院いただいています。




目尻切開

目尻切開は、目の外側、外眼角を切って、目を外側に広げて大きく見せる手術です。たれ目やつり目の矯正や、目が外側に見えるために小顔効果もあると言われています。目頭切開と目尻切開を併用すると目がより大きく見えます。化粧映えのする大人っぽい目になるので喜ばれています。目尻切開は効果が無いということで行っていないクリニックもあるようですが、当院では積極的に目尻切開を行っています。目尻切開後目の存在感が増し、ドンと目が大きくなる傾向があります。

重瞼術目頭切開目尻切開

重瞼術目頭切開目尻切開

21歳 女性。目尻切開、目頭切開、二重埋没法
パッチリした横長の目になりたということで受診されたケースです。二重埋没法、目頭切開、目尻切開を同時に行ってくれるクリニックを探しましたが、目尻切開をやっているクリニックが少なく、行っていても効果がないからという理由で引き受けてもらえませんでした。当院では目頭切開、目尻切開、二重埋没法を同時におこなうことが可能であということを知り御来院いただきました。ご本人さんは、目尻切開が大変な手術かと思われたようですが、短時間で簡単に終わり、腫れもほとんどなく驚いておられました。手術後は、パッチリ目になり、目の縦幅、横幅ともに大きくなりました。目が小さくて悩んでいる方に目頭切開、目尻切開はお勧めの手術です。
クリニックより:目尻切開手術の効果が安定しないために、行っているクリニックが少なく、手術を引き受けてもらえないケースもあるようです。目尻切開を依頼するクリニックを選ぶに当たり、そのクリニックが目尻切開を多数行い実績を出しているということを知ることが重要です。外眼角のすぐ外側には眼窩骨の外縁があるために、いくらでも延長効果があるわけではありません。しかし、ベテランの美容外科医に目尻切開を行ってもらうことにxより切れ長のパッチリ目にすることが可能です。手術後も腫れが少なく、傷もさほど目立ちません。目尻切開をすることで、小さかった目の存在感が大きくなります。目が小さくてお悩みの方は、考えてみてください。




目尻切開

29歳、女性。目尻切開
目を大きくしたくて他のクリニックで目頭切開と二重の手術をしてもらったケースです。外側方向にも目を大きく広げたかったので目尻切開も希望されましたが、そのクリニックではやっていないということで、当院を受診されました。目尻切開を行い、さほど腫れずに目が横方向に開いて、目の存在感が増大しました。印象が良くなり喜んでいただきました。
クリニックより:目尻切開とは目の外側を広げる手術です。目頭切開と目尻切開を併用することで、より効果があります。しかし目尻切開を行っていないクリニックも多く、目尻切開だけこちらでやりたいという方もご来院いただきます。目は微妙なバランスで印象が変わります。目のバランスを取るという意味で目尻切開と目頭切開はできれば同じ担当医に執刀してもらうことをお勧めしています。




目尻切開目頭切開


20歳、女性。目尻切開、目頭切開
小さく、子供っぽっく見える目を何とかしたいと悩んでいた症例です。目の横幅が狭く、目が小粒で、幼稚な表情になると考え、目尻切開と目頭切開を行いました。目の横幅が開いて上品な目を作ることが出来ました。
クリニックより:目の横幅が狭く、目が小さく見える場合には目尻切開は有効です。目尻切開が決まると、大きく存在感がある目を作ることが出来ます。目尻切開に否定的な医師も多いために、ベテラン美容外科医にお願いする必要があります。




目尻切開について教えてください

上まぶたのたるみ取り

年齢とともに上まぶたの皮がたるんできて、視界を遮ったり、老けて見られたりするという方には、上まぶたのたるみ取りがお勧めです。特に外側の皮膚が下がってくることが多く、「目が三角に見える」、「皮膚がかぶさって目が垂れ目になった」ということを訴えてご来院いただきます。上まぶたの弛み取り手術を行うことにより、上まぶたがスッキリして、視界が広がり、美容的に若返り、表情もパァッと明るくなります。
弛みの程度が軽い方には、切らないたるみ取り手術も可能です。上まぶたの弛んだ皮膚を糸でたくし上げることにより、目元の若返りが可能です。メスを使わない治療がご希望の方は、その旨御相談下さい。

上眼瞼たるみ取り手術

45歳、女性。上まぶたのたるみ取り手術
年齢と共に上まぶたの皮膚が弛んできて、視界を遮り、目が三角形に見えるために、たるみ取り手術をされたケースです。診察したところ、上まぶたの皮膚が伸びて、外側優位に垂れ下がり、目が三角目になっていました。上まぶたのたるみ取り手術を御案内しました。上まぶたの余剰皮膚と脂肪取りを同時に行いました。目力を出てパッチリ目になり視界が開けるとともに、若返ることができました。綺麗になれて喜んでいただけたようです。
クリニックより:上まぶたのたるみが、視界を遮る場合は、上まぶたのたるみ取り手術が効果的です。「上まぶたの外側の皮膚が垂れてきて邪魔になる」、「目が三角に見える」、「垂れ目に見える」という訴えで御来院いただきます。弛んで視野に覆いかぶさる皮膚の切除が必要です。できるだけ目をパッチリさせるために、同時に脂肪取りを行う場合もあります。今まで細かった目がパッチリして目が大きくなります。どうしても切りたくない方や弛みの程度が軽い方には、切らない弛み取り手術をご案内することもあります。経験豊富な美容整形外科に相談されるのが良いでしょう。




上眼瞼目ヂカラ手術

32歳、男性。上まぶたの弛み取り手術
上まぶたが垂れてきて視界に覆い被さるということで受診していただいたケースです。比較的年齢が若いのですが、上眼瞼の皮膚が伸びて外側優位に視野に垂れてきていました。上まぶたのたるみと脂肪を取ってパッチリ目にしました。男性的なキリリとした感じになり印象が良くなりました。
クリニックより:上まぶたの皮が伸びてくると、視野の上部が制限され、実際の年齢より老けて見られるということで、男性の方も治療に来られます。上まぶたのたるみを取ることにより目がしっかり開き、男性的なシャープでな印象になります。実際の年齢より若く見られることが多くなります。




上眼瞼たるみ取り治療

38歳、女性。上まぶたのたるみ取り手術
30代後半になり、上瞼がたるんできたために悩み、受診されたケースです。老けて疲れて見られることが多くなったので手術を決意されていました。顔が若くはつらつとした印象に見えること、ついでに少し目がパッチリになるようにリクエストされていました。ご本人の御希望をよく聞いたうえで、上まぶたの弛み取り手術を施行しました。希望通り自然な感じに、若返ったので満足していただけました。
クリニックより:上瞼が垂れてくると、急に老けて疲れて見えるようになるので、元に戻りたいということで来院される方が多数おられます。身近な人に「実際の年より老けて見える。」、「疲れて見える。」など言われるとショックを受けて、鏡を見て思い悩まれるようです。このようなケースには。上まぶたの余剰皮膚や脂肪を除去し、二重のラインを作製して目をパッチリさせることにより、修正可能です。相談されてみてください。




切らないたるみ取り手術

49歳、女性。切らない弛み取り手術
上まぶたが、たるんできて、年より老けて見られるので、たるみを取ってパッチリなりたくて、相談されたケースです。できるだけ切りたくなかったので切らない方法をリクエストされました。上まぶたのたるみをたくし上げて、上に留めて固定しました。腫れもほとんどなく、自然に若返り、化粧も決まるようになりました。
クリニックより:年齢と共に、上まぶたがたるんできたということで、たるみ取り手術希望の方に御来院いただいています。たるみ取りは、たるんでいる部位を切開することが基本ですが、どうしても切りたくない方には、切らない方法もご案内可能です。たるんだ上まぶたの皮膚を、メスを使わない方法で持ち上げます。それにより自然な感じに仕上がります。さりげない変化を希望される方に、お勧めの方法です。たるみの量があまりにも多いといかにも整形した風になってしまうので注意が必要です。切らないでたるみ取りを考えている方はご相談ください。




目元の若返り手術

60歳女性。切らない弛み取り手術
上まぶたが下がってきて、目にかぶさるという訴えで受診していただきました。診察したところ、視野に上まぶたの皮膚上が垂れ下がり、視野を確保するために額の筋肉を使い努力して開眼していました。たるみ取り手術の適応と考えられました。人にバレたくないので腫れない方法で、若返りを希望されていたために、切らない弛み取り手術をご案内しました。ほとんど腫れないでその日から普通に生活できたので喜んでいただきました。
クリニックより:上まぶたのたるみが酷くなってきて手術したいけれど、休みが取れない、家族や友達にバレたくない、腫れたくないという方には、腫れないたるみ取り手術をご案内可能です。腫れも少なく自然に仕上がりますので、忙しい方には喜ばれています。




切らないタルミ取り

切らないタルミ取り

60歳、女性。切らないタルミ取り手術
年齢と共に上まぶたのタルミが酷くなり御相談頂いた症例です。上まぶたの皮膚が弛んで、まぶたに多数のシワが出来きており、視野に被さって邪魔になると共に、目が小さく見える状態でした。切りたくないというご希望のために、弛んだ皮膚を糸でたくし上げることで、上まぶたのタルミ取りを行いました。目が大きく開いて若返り、視野が開けて視界が明るくなりました。
クリニックより:上まぶたのタルミが強くない場合は、糸でたくし上げることで、上まぶたのタルミ取りが可能です。メスを使いませんので、ダウンタイムは短く、腫れも少ないことが特徴です。上まぶたのラインは一つにまとまって、自然なまぶたになります。




まぶたのタルミ取りについて教えてください

下まぶたのたるみ取り・クマ取り

下まぶたに弛みやクマができると、一気に老け込み、疲れている表情になります。身近な人に、それを指摘されるとショックを受け、御来院いただくことが多々あります。このような下まぶたのたるみ、クマに対して、たるみ取りクマ取り治療をすることで若返りが可能です。症状が強い方には下まぶたの睫毛の直下を切開して、皮膚切除、脂肪除去を行い外側上方に引き上げる下眼瞼弛み取り手術を行います。お若い方で、下まぶたのクマが目立つ方は、目の裏側(結膜側)から脂肪を取ることによりクマ取りが可能です。中年以後の方は一般的に下まぶたがたるんでいることが多く、脂肪と同時に、たるみも取らないと、下まぶたがシワシワになってしまうことがあります。中年以降の方に目の裏側から脂肪を取る場合は注意が必要です。症状が軽い方や切るのがどうしても嫌な方には、ヒアルロン酸注入によって、目の下のクマの改善が可能です。

下眼瞼目元の修正

52歳、女性。下まぶたのクマ取り、たるみ取り手術
年齢とともに少しずつ下まぶたのたるみ、クマが酷くなり、疲れて見られるので受診していただいたケースです。診察したところ、下眼瞼に眼窩内脂肪が突出してきており、下まぶたの皮膚は伸びて段差になっていました。下まぶたのクマ取りたるみ取り手術をご案内しました。今までポコッと出ていたクマがなくなり、下まぶたが、平らになりました。また下まぶたの小ジワも改善しました。これまでいくら化粧しても隠せなかった下まぶたの悩みが無くなり喜んでいただけました。
クリニックより:下まぶたのたるみやクマがあると、疲れて不健康なイメージになるために、たるみ取り、クマ取りを希望して、患者様に多数ご来院いただいております。下まぶたのクマは眼窩内脂肪が飛び出しているために段差を生じ化粧をしても隠せないことが多々あります。たるみやクマを取ることにより、若返って健康な印象になり、大変好評です。悩まれている方は是非ご相談ください。




下眼瞼くま修正

28歳、女性。下まぶたのクマ取り手術
下眼瞼のくまのために生活に疲れた感じに見えるのが嫌で受診していただいたケースです。診察したところ下まぶたにたるみ、クマが形成されて老けて疲れた印象に見えました。20代なのに疲れて老けて見られることを気にされており、下まぶたのクマ取り手術を行いました。下まぶたがスッキリして若々しい印象になりました。
クリニックより:下まぶたのクマは眼球を支えている靭帯が緩むことにより起こると考えられています。クマや弛みは、熟年の方に出現することが多いのですが、10代や20代の方にも起こりうる変化です。若い方は老け込んでみられるために、ショックを受けて手術を希望される方が多いようです。




下眼瞼目元の修正

45歳、男性。下まぶたのクマ取り、たるみ取り手術
下まぶたのたるみ、クマのために、実際の年齢より老けて見られるのということで御来院いただいたケースです。診察したところ、下まぶたに眼窩内脂肪が突出して段差ができて影になっていました。更に下まぶたの皮膚は伸びて弛んでいました。下まぶたのたるみ取り、クマ取りの手術を行い下まぶたのクマ及び段差を修正しました。目の下がスッキリして若くはつらつとして見られるようになり満足していただけました。
クリニックより:下まぶたのたるみやクマがあると、実際より老けて見られることが多いのと、元気がなくみられるということで、男性の患者さんも、下まぶたのたるみ取り、クマ取り手術のために多数御来院いただいています。女性の方は、化粧をすることが多いので傷隠しが容易ですが、男性の方は傷を嫌がる方が多いのが特徴です。男性患者さんのために当院ではできるだけ傷の目立たない方法もご案内可能です。ご相談お待ちしています。




上下まぶたのたるみ取り

51歳、女性。下まぶたのクマ取りたるみ取り手術、上まぶたの弛み取り手術
上まぶた、下まぶた共にたるみが出てきて、老けて見られるのが嫌で御来院いただいたケースです。診察したところ、上まぶた及び下まぶたに弛みがあり、下まぶたのクマも目立っていました。ダウンタイムのことを考慮して、上まぶた下まぶたの弛み取り手術を同時に行うことをご案内しました。手術後は上まぶたの皮膚の下垂は無くなり、下まぶたのクマや段差はほとんどわからなくなりました。肌がピーンと張って若返りを実感していただきました。「鏡を見るのが毎日楽しいです。」と喜んでいただいたようです。
クリニックより:上まぶた、下まぶた共にたるみがある方は、同時に上下のまぶたのたるみ取り手術をすることも可能です。全く何もなかったように手術するというわけにはいきませんが、当院ではダウンタイムをできるだけ少なくするために、腫れない手術を心がけています。「意外に腫れなかった。」と喜んでいただけることが多々あります。




下まぶたのクマ取りについて教えてください

眼瞼下垂

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、眼瞼挙筋疾患、加齢、コンタクトレンズ装用等により、上眼瞼(上まぶた)の機能に障害が生じ、瞼が開きづらくなる疾病です。視界が制限され、無意識に眉毛を挙上して瞼を開こうとしたり、顎を挙上して瞼の下垂を補おうとするために、頭痛や肩こりを併発したりすることがあります。
老齢人口が増えたこと、コンタクト装着者が増えたことにより、眼瞼下垂患者数は明らかに増加しています。コンタクトレンズの長期装着使用に伴い、加齢に伴い及びものもらいの治療後、目が良く開かなくなったということで受診される方が増えています。このような方には、眼瞼挙筋を短縮つり上げの手術が必要です。繊細な手術装作が必要です。眼瞼下垂の手術後目が開き過ぎた、手術後も状態が変わらず手術した効果が分からない、左右の目の大きさが違うなどのトラブルが多く発生しています。の美容面をも考慮するということであればで、ベテラン美容外科医師にお願いするのが良いでしょう。

両側眼瞼下垂修正治療

29歳、女性。眼瞼下垂手術
コンタクトレンズ長期使用により目が開かなくなったということで受診されたケースです。他院美容外科を受診したところ埋没法を勧められ、既に埋没法を2回行施行されています。しかし埋没法施工後も症状の改善はありませんでした。診察したところ、眼瞼下垂症状があり、埋没法では症状が改善されないと考えられました。眼瞼挙腱膜前転法による眼瞼下垂手術をご案内しました。全面的に当院の院長先生にお任せすることでした。手術直後から目がパッチリして視界が広がり、よく見えるようになりました。美容的にも表情が良くなったと喜んでいただきました。
クリニックより:眼瞼下垂に対し二重埋没法を行ったものの、症状改善なく受診される方が多くいらっしゃいます。眼瞼下垂の状態で二重埋没法を行っても症状の改善は難しいと考えられます。挙筋腱膜前転法などの適切な治療をすれば眼瞼下垂症状はよくなります。経験豊富な医師を受診されることをお勧めいたします。




両側眼瞼下垂修正治療

53歳、女性。眼瞼下垂手術
ハードコンタクトレンズを長期使用しているケースです。徐々に目が開きづらくなり視界が遮られるので受診していただきました。診察したところ、眼瞼下垂症状が強く、額の前頭筋をフルに使って視野を確保している状態でした。両側眼瞼下垂の診断にて、挙筋短縮手術を行いました。手術後は開眼しやすくなるとともに、前頭部のしわ、眼精疲労や肩こりも減少しました。「生活が楽になった。」と満足していただきました。
クリニックより:コンタクトレンズを長期に使用している方が増えて眼瞼下垂症例は、増加しているようです。徐々に目が開きにくくなり、視界が遮られます。視野を確保しようとして、眉を引き上げたり、顎を上げたりして眼瞼下垂特有の表情を取ることが知られています。挙筋短縮手術を行うことにより前頭部のしわや眼精疲労、肩こりも消失するので、「楽に暮らせるようになった。」と喜ばれています。経験豊富な美容外科医師に相談してみてください。




左眼瞼下垂修正治療

34歳、男性。左眼瞼下垂手術
以前は目の大きさが対照的だったのですが、左目が何度も、ものもらいになり、よく開かなくなり眉毛をつり上げて目を開けるような癖がついてしまったというケースです。一度埋没法で調整してもらいましたが、上手くいきませんでした。診察したところ、左目が眼瞼下垂を起こしており、左眉毛を吊り上げて前頭筋の筋力により視野を確保していました。左目の眼瞼下垂の手術の適応と考えられました。ものもらいにより生じた不適切な癒着を剥がして、左の眼瞼挙筋の機能を改善しました。眼瞼下垂が治り眉毛でまぶたを引き上げなくとも目の開きが良くなりました。
クリニックより:ものもらいを繰り返すと、目を開ける筋肉である眼瞼挙筋が皮下組織と癒着を起こし、上まぶたにしわが何本も出てきたり、目が開き難くなったりすることがあります。外見上太いラインが付いたり、ラインが何本も出てきたりする場合があります。目が開きづらいために、眉毛で上まぶたを引っ張る癖がつく方もおられます。このような場合埋没法では修正は難しく、眼瞼挙筋の癒着を剥がし、眼瞼下垂の状態を修正する必要があります。正常な方の目とのバランスを取らなくてはいけないので、難易度の高い手術となります。修正を繰り返さないためにも、初めから眼瞼下垂の手術に精通した経験豊富な美容外科医にお願いするのが良いでしょう。




右先天的眼瞼下垂

27歳、男性。右先天性眼瞼下垂
小さい時から右目の開きが悪く、眼瞼下垂と言われていいたケースです。日常生活ではあまり困らなかったので、放置していましたが、目つきが悪く印象が悪いので、眼瞼下垂の修正手術を希望して受診していただきました。インターネット検索によりホームページを見てこちらのクリニックが眼瞼下垂を積極的に治療していることがわかり、当院を選択していただいたようです。診察したところ右の眼瞼挙筋の筋力が弱く、眼瞼下垂手術が必要と考えられました。手術後は左右が揃い印象良くなりました。眼瞼下垂で同じような症状の方も、積極的に手術を考えることをお勧めします。
クリニックより:先天的眼瞼下垂の方に御来院いただき、治療しました。コンタクトレンズ長期使用、ものもらいなどの上まぶたの疾患後に生ずる後天的眼瞼下垂に比較し、手術は難易度が高いことが多く、時間がかかります。手術方法が変わってくる場合があります。このような先天的眼瞼下垂は、最初から経験豊富な美容外科医にお願いするのがお勧めです。




眼瞼下垂の他院修正

29歳 女性。眼瞼下垂手術
5年前に目が開き辛くて、眼瞼下垂かなと思い、大手美容外科を受診されました。そのクリニックでは眼瞼下垂の手術をやっていないらしく、5年前と3年前に二重の埋没法をやり様子を見ていたケースです。2回の埋没法手術後も症状が変わりませんでした。もう最後の手術にしたくて、他院修正手術を多く行っている当院を受診していただきました。診察したところ、やや広めのラインが二重埋没法により作られているものの、目はパッチリせずにむしろ開き辛くなってる状態でした。ご本人も「目が開きづらいので、それを治してほしい。」とリクエストされました。上まぶたを切開して、挙筋腱膜前転法による眼瞼下垂手術を行いました。手術直後から目が開きやすくなり、印象が良くなりました。「こちらの先生にあえて良かった。」と喜んでいただきました。
クリニックより:目が開き難いという方の中には、眼瞼下垂の方もおられます。眼瞼下垂の手術を行っていないクリニックに行った場合、「埋没法で様子を見ましょう。」と言われ、無意味な手術を繰り返すことがあるようです。的確な診断のもとにその人に会った手術を行う必要があります。無駄な費用を出費することにもなりますし、手術を繰り返すことにより再手術の難易度が高くなってしますからです。眼瞼下垂の手術は両目のバランスを取るのが難しく、他院修正の方が多数度来院いただきます。手術を担当する医師の技量をよく確かめた上で、最初から経験豊富な美容外科にお願いするのが良いでしょう。




眼瞼下垂目頭切開

眼瞼下垂目頭切開

21歳、女性。眼瞼下垂、目頭切開
目が開き辛く疲れるために悩んでいた症例です。目を開き易くして眼精疲労を少なくしたい、美容的にパッチリ目になりたいという希望で仙台中央クリニックを受診していただきました。開眼時に眉毛を用いて努力して上まぶたを引き挙げる癖があり、更に目の上が窪んでいるために眼瞼下垂と考えられました。挙筋短縮眼瞼下垂手術により目をばっちり開きました。同時に目頭切開を併用し目の横幅の拡大を行いました。魅力的な目になりました。
クリニックより:眼瞼下垂の方は、目が開き辛いために、眼精疲労や肩こりや頭痛で悩まされると共に、美容面でお困りの方も多くいらっしゃいます。眼瞼下垂で目が開き辛いと元気が無くやる気がなさそうに見える、不機嫌そうで意地悪な印象に見えることがあるからです。眼瞼下垂の手術を行うことにより、表情が生き生きとして、活発で元気な表情になります。優しくなったと喜んでもらえることもあります。




眼瞼下垂目頭切開

眼瞼下垂目頭切開

22歳 女性。眼瞼下垂手術、目頭切開
目が開き辛くて、視野に被さってくるので悩んでいたケースです。眼瞼下垂であることを他院で指摘されて、眼瞼下垂治療を積極的に行っている当院を受診していただきました。診察したところ、眼瞼下垂の状態で、眉毛を引き上げて視野を維持していました。更に目が離れて小さく見えました。眼瞼挙筋を引き上げる眼瞼下垂の手術と目頭切開をすることをアドバイスいたしました。手術後は視野が開けて、美容的にも改善するとしました。「手術はやはり心配でしたが、最終的に目が良く開いて、友達にも好評で手術してよかった。」と喜んでいただけたようです。
クリニックより:眼瞼挙筋の力が弱い場合、上まぶたが拳上できず、常に眉に力が入ったり、アゴを挙げて視野を確保したりするようになります。眼瞼下垂特有な顔貌を呈しますので、奇異な感じに見えることがあります。美容的にも目が小さいために眼瞼下垂手術を希望される方が多くいらっしゃいます。目が離れているなどの理由から、同時に目頭切開を行うことで瞼裂の横径を大きくして、目の印象を上品に変える方もいらっしゃいます。




切らない眼瞼下垂

眼瞼下垂の手術は切る手術が基本ですが、軽度の眼瞼下垂の場合、切らない手術で症状を改善できる場合があります。眼瞼下垂のために目が開き難い、美容的に印象が悪い、目が疲れる、肩こりがひどい、などの症状があるものの、どうしても切りたくないという方に、切らない眼瞼下垂の手術をご案内しています。切る手術眼瞼下垂と比較し、ダウンタイムが短いので、忙しくて休みが取れないという方からの希望が多いのが特徴です。切らない眼瞼下垂手術の効果は個人差がありますので御来院いただき、診察させていただくのがよろしいかと思います。切らない眼瞼下垂手術は、その方の症状により、効果が不十分な場合もあります。その場合は切る眼瞼下垂手術により修正させていただくことがあります。

切らない眼瞼下垂

22歳、女性。切らない眼瞼下垂
目が開き難く、アイプチをにつけて生活していたケースです。連日外出するまでに、とても時間がかかるのでアイプチ生活に疲れ、どうしようもなくなり受診していただきました。インターネットで調べ、いろいろ知識を得て自分の症状が眼瞼下垂ではないかと思い、眼瞼下垂治療を多く行っている当院を選択していただきました。診察したところ開眼不良で、前頭筋を利用して視野を維持しており、眼瞼下垂と考えられました。どうしても切りたくないという御希望から、切らない眼瞼下垂手術を行うことにしました。手術は上手くいき目が開くようになりました。手術後はアイプチ生活から解放されホッとしたとのことです。
クリニックより:眼瞼下垂のために目が開き難い、しかし切りたくないという方に、切らない眼瞼下垂の手術は好評です。目がパッチリ開いて、目の疲れや肩こりなどからも解放されます。美容的に陰気な感じから、明るい感じになったと、患者様から喜ばれることが多い手術です。ただし、症状によっては切らない眼瞼下垂術で開眼状態が改善されない場合があります。その場合は、切る眼瞼下垂手術を行う必要があります。手術を依頼する場合は、切らない手術、切る手術の両方に精通した医師に眼瞼下垂手術をお願いするのが良いでしょう。




切らない眼瞼下垂手術


22歳、女性。切らない眼瞼下垂
コンタクトレンズを長期に使っていたケースです。目が少しずつ重たく開き難くなってきたので、眼瞼下垂の治療を希望して御来院いただきました。切る治療は抵抗があったあり、切らない眼瞼下垂手術で治療を希望されていらっしゃいました。眼瞼下垂手術後は目が軽くなって開きやすくなり、更に眼精疲労が軽減しました。美容的には目と眉毛の距離が狭くなりました。印象が良くなり喜んでいただけたようです。
クリニックより:眼瞼下垂の手術は切る治療が一般的ですが、症状が軽い場合は、切らない眼瞼下垂手術でも治療可能です。手術後は目が開きやすくなり、眼精疲労や肩こりなども改善します。患者様の心理としてできれば切りたくないと考えられるのは当然のことと思いますが、切らない眼瞼下垂手術が可能か否かは一度診察させていただく必要があります。お気軽にご相談ください。




切らない眼瞼下垂

18歳、女性。切らない眼瞼下垂
コンタクトレンズを使用中のケースです。一重で目が開きづらいことを悩んでおり、印象を良くしたいという希望で御来院いただきました。診察したところ、目を開けるとき、視野を確保するために眉毛で引っ張るようにする癖があり、額に力を入れないと上まぶたは瞳に被さるために、眼瞼下垂と考えられました。どうしても切りたくないということで、切らない眼瞼下垂の範囲内で治療を行いました。手術後から目が開きやすくなり、視界が広がりました。目の印象がよくなり「手術して良かった。」と、言っていただけました。
クリニックより:コンタクトを長期使用していると、眼瞼下垂と言って上まぶたを拳上する筋肉が緩んでくることがあります。一般的には、挙筋短縮術と言って切開法による手術が必要ですが、眼瞼下垂症状が軽い場合は、切らない手術でも治療することができます。眼瞼下垂の患者さんは目を上げる時に眉毛で引き上げる癖があることがあります。また、眼瞼下垂の患者さんは、視野を確保するために、筋肉の緊張状態が続いており、肩こりや眼精疲労を訴える場合もあります。このような眼瞼下垂症状に思い当たる方は、経験豊富な美容外科に相談してみてください。眼瞼下垂手術により症状が軽減することが多く喜んでもらっています。




切らない眼瞼下垂手術

22歳、女性。切らない眼瞼下垂
もともと瞼が重いタイプで、目が開きづらく、「眠そうな目」と言われていたケースです。アイプチでも上手く留まらないので、手術を希望して御来院いただきました。診察したところ、上眼瞼が瞳に被さり、開眼不良の状態を呈し、眼瞼下垂と考えられました。切るのは嫌だということで、切らない眼瞼下垂手術で治療を行いました。手術後は目が良く開いて視界が広がり、肩こりや頭痛も無くなりました。
クリニックより:眼瞼下垂の場合、切る手術が基本です。眼瞼挙筋の反収手術を行うのが一般的です。しかし切らない方法でもある程度は修正可能なことがあります。どうしても切りたくない、ダウンタイムが取れないという方に、切らない眼瞼下垂手術が行われ喜ばれています。目がパッチリして肩こりや眼精疲労も改善するため、当てはまる症状の方はベテラン医師に相談されてみてください。




切らない眼瞼下垂手術


24歳、女性。切らない眼瞼下垂
目が開き難いということを主訴に御来院いただいたケースです。目が開きにくい、目を開けるとき眉毛で引っ張る、額に皺がよる、目の上に窪みができるなどの症状から眼瞼下垂と診断されました。切る手術はどうしても嫌だという希望のために、切らない眼瞼下垂手術で治療いたしました。目がパッチリ開くようになり、目の疲れ、頭痛や肩の凝りも減り、日常生活が楽になりました。見た目もパッチリ目になり明るく若々しい印象になって喜んでいただいたようです。
クリニックより:眼瞼下垂の場合、美容的要因と症状的要因から手術を希望されます。一般的には切る眼瞼下垂手術を行うことが多いのですが、切る眼瞼下垂手術はどうしても抵抗があるという事で切らない方法を希望される方が増加しています。症状が軽い場合であれば、切らない眼瞼下垂手術により、症状のほとんどが改善する場合があります。どれくらい症状が改善するかどうかについては、診察させていただかないといけませんので御面倒でも一度御来院いただくことになります。お気軽にご相談ください。




切らない眼瞼下垂手術

切らない眼瞼下垂手術

39歳、女性。切らない眼瞼下垂
目が開き難いということを主訴に受診していただいたケースです。眉毛で引っ張るために、額にしわができて目の上が窪み、老けて見られるのが嫌で治療を希望しておられました。診察したところ、ご本人お訴え通りの症状が認められ眼瞼下垂と考えられました。できるだけ切りたくなかったので切らない眼瞼下垂手術で治療することにいたしました。手術後は目が開きやすくなり、額のシワも改善しました。更に目の上の窪みが無くなったので、若くみえるようになりました。
クリニックより:眼瞼下垂の方は、少しでも大きく目を開こうとして、額にしわがよったり、目の上が窪んだりします。眼瞼下垂を治療するとこれらの症状も改善しますので、若返って見えます。更に目と眉毛の離れた感じが改善されますので、間が抜けた感じから、上品でスッキリした印象になり喜ばれています。




切らない眼瞼下垂手術

切らない眼瞼下垂手術

26歳、女性。切らない眼瞼下垂
目が開きづらく、目を開けるときに眉毛が上がり、額にしわがよるのが気になるという主訴で受診していただきました。目と眉毛が離れたように見える顔貌も嫌で、手術を希望しておられました。診察したところ、軽い眼瞼下垂と考えられました。切るのは抵抗があったので、切らない眼瞼下垂手術で治療させていただきました。手術後は目が良く開くようになり、目と眉毛の距離が狭くなりました。友達と出かける用事があり、バレたくなかったので腫れない手術でやってもらい、直後から化粧もできました。希望通りにしてもらったので満足しています。
クリニックより:目の開きが悪く、眉毛を挙げて目を一生懸命開く癖のある方は、眼瞼下垂の可能性があります。そのような方は眼瞼下垂手術により改善できます。目が開くようになるために肩こりや眼精疲労が改善し、目と眉の距離が狭くなりますので、上品な印象になります。ぜひご相談下さい。
もちろん個人差はありますが、切らない眼瞼下垂手術は、あまり腫れず、手術直後からある程度の化粧が可能です。手術後すぐに用事がある方、家人に内緒に手術したという方に喜ばれています。




切らない眼瞼下垂

23歳、女性。切らない眼瞼下垂
目が腫れぼったくて開きづらいために目力アップをしたくて、受診していただいたケースです。眉を引き上げて開眼し、顎を上げて視界を確保する癖があり、眼瞼下垂であると考えられました。どうしても切りたくないという希望であり、切らない範囲で眼瞼下垂の治療を行いました。視野が広がり美容的にもイメージ通りになり満足していただきました。
クリニックより:目が開きづらい、目を開けるときに眉毛で引っ張る癖がある、顎を上げて物を見る、目が疲労しやすく肩がこるなどの症状のある方は、眼瞼下垂の可能性があります。眼瞼下垂は挙筋短縮手術が一般的ですが、軽症の場合、切らない眼瞼下垂手術でも改善することが可能です。切らない方法で、目力アップをしたいという方に、この眼瞼下垂手術は好評です。経験豊富な美容外科であれば、きっとあなたの希望に応えてくれるはずです。相談してみてください。




切らない眼瞼下垂

37歳、女性。切らない眼瞼下垂
上まぶたが重いので、目力アップをしたくて、当院を受診していただいたケースです。目を開けるときに眉を上にあげて開眼する、額にシワが寄る、目と眉毛の距離が間延びしているなどの状態から眼瞼下垂の症状があることがわかりました。症状が比較的軽いので、切らなくとも改善する可能性が高いと考えられ、切らない眼瞼下垂の手術を行いました。手術後は目力が出てパッチリ目になりました。友達にも評判が良く喜んでいただけたようです。
クリニックより:コンタクトの長期使用などにより、眼瞼下垂の患者数は、ここ数年急激に増えており、目が開き難いということを訴えて、クリニックを受診される方が多数おられます。目が開きづらいので、目を開けるときに眉毛で引っ張る癖があることが特徴です。その際に額のしわが深くなる場合もあります。疲れ目や肩こりの原因となりますから美容以外の目的で手術される方もおられます。症状が軽い場合、切らない眼瞼下垂の手術で、目力アップが可能です。尚、眼瞼下垂は他院修正の患者様が多い手術の一つです。眼瞼下垂の再手術は難易度が高くなることが多いのが特徴です。初回手術で効果を出せるように、最初から経験豊富な美容外科に相談されることをお勧めします。




切らない眼瞼下垂手術

20歳、女性。切らない眼瞼下垂
一重で腫れぼったく眠そうといわれるので、目力アップを希望して御来院いただきました。目が開きづらく、眉毛で上まぶたを吊り上げて開眼しており、軽い眼瞼下垂と考えられました。切る手術には抵抗があり、切らない眼瞼下垂の手術を行いました。手術後は目が良く開くようになり印象が良くなりました。
クリニックより:目が開きづらい、開眼するとき眉毛で引っ張り上げる癖がある、目と眉毛の距離が間延びしている、顎を上げて物を見る、眠そうに見えるなどの症状のある方は眼瞼下垂の可能性があります。症状が軽い場合は切開しなくても、切らない眼瞼下垂の手術で改善する可能性高く、多くの方で切らない治療を行っています。眼瞼下垂の手術は、ライン設定がやや複雑になります。切らない眼瞼下垂の手術をお願いするときには、担当医の技量を見極めてからお願いするのが良いでしょう。




切らない眼瞼下垂手術

切らない眼瞼下垂手術

36歳、女性。切らない眼瞼下垂
目が開きづらく、目が小さいのが悩みで受診されたケースです。アイプチなどもやってみましたが上手くいかず、目の整形手術を決意して御来院いただきました。開眼時に前頭筋の力によりまぶたを上に持ち上げ視野を確保しており、眉と目の距離が開大していました。眼瞼下垂と考えられ、眼瞼下垂手術をお勧めしました。切る手術はやりたくないとのことで、切らない範囲で治療させていただきました。手術後は、眉を使わなくとも目が楽に開くようになりました。
クリニックより:眼瞼下垂の方は、目が良く開かないために目の小さいことを気にされている方が多いようです。アイプチを試すものの、上手くいかず悩んでいるケースもあるようです。眼瞼下垂は一般的に上眼瞼を切開し挙筋短縮手術をするのがベストですが、切りたくない方や症状の軽い眼瞼下垂の場合には、切らない眼瞼下垂手術を行う場合もあります。切らない眼瞼下垂で治療して満足いただける方が多いのですが、効果が低い場合や、満足いただけない場合は切開法を考える必要があります。眼瞼下垂の方は相談してみてください。



くぼみ目修正

年齢とともに上眼瞼がくぼむ事があり、くぼみ目と呼んでいます。くぼみ目は老けて疲れて見えるために修正を希望される方に多数御来院いただいています。上眼瞼がくぼむと二重のラインがくずれる事があり、くぼみをきれいに修正することラインがきれいになります。
くぼみ目の原因は、眼窩内脂肪が減少している場合、眼瞼挙筋の筋力が弱くなっている場合、その両方の場合に分類することができます。くぼみ目の原因により治療法が異なります。くぼみ目の治療を行う場合、まずくぼみ目の原因をはっきりさせて治療法を選択する必要があります。

くぼみ目修正


33歳、女性。くぼみ目修正手術
ここ数週間で、目の上が窪みだして老けて見られるようになったので、気になり受診されたケースです。診察したところ、上眼権が窪み、二重のラインはくぼみに引き上げられる形で浅くなっていました。くぼみ目修正手術をお引き受けしました。翌日仕事があったのでできるだけ腫れないようリクエストいただきました。できるだけ腫れないようくぼみ目を充填しました。以前の自分に短時間で戻れたので、喜んでいただけました。
クリニックより:心配事があり痩せたりすると、上眼瞼が窪んでくることがあり、これを通称「くぼみ目」といいます。「老けて見られるようになった。」、「目が開きづらくなった。」と訴え来院される方が多々おられますが、その方の症状にもよりますが、比較的短時間の手術で改善しますので、相談してみてください。




くぼみ目修正

53歳、女性。くぼみ目修正
上眼瞼がくぼみ、目が開きづらくなったので御来院いただいたケースです。老けて見られることを気にされていらっしゃいました。診察したところ、窪み目の状態で、ヒアルロン酸注入療法により治療することにしました。目の上の窪みが改善され目の開きも良くなりました。10歳以上若返って見えるようになり満足してもらえました。
クリニックより:目の上が窪むと老け顔になりますので、気にされて来院いただくことがあります。くぼみ目は症状にもよりますが、ヒアルロン酸注入治療により、簡単に改善することができるために、忙しくて休みを取れない方にも適応可能です。術後写真はヒアルロン酸注入直後なので、やや腫れていますが、数日で全く自然になります。手術直後からお化粧できるので、予定の入っている方には最適です。




くぼみ目修正

48歳、女性。くぼみ目修正
上眼瞼がくぼみ、二重のラインが崩れて老けてみえるので、御来院いただいたケースです。くぼみ目と考えられ、ヒアルロン酸注入治療により、くぼみ目修正を行いました。目が開いて、二重のラインがまとまりました。若返って喜んでいただけました。
クリニックより:くぼみ目になると老け顔になると共に、目が開き辛くなったり、二重のラインが崩れたりすることがあるために、悩んでいる方は多いようです。くぼみ目の程度によりますが、簡単なヒアルロン酸注入が奏功する場合があります。短時間で終了すること、腫れが少ないこと、すぐにお化粧が可能であることから、忙しい方には大変好評です。




くぼみ目修正二重目頭切開


28歳、女性。くぼみ目修正、切らない眼瞼下垂、目頭切開
表情が暗い目をなんとかしたかったのですが、どうして良いかわからず、受診していただきました。診察したところ、くぼみ目、軽い眼瞼下垂があり、蒙古襞が張っていたので、「上眼瞼のくぼみ目を調整し、二重の幅を揃えて目頭切開をすれば明るくパッチリな目になりますよ。」アドバイスさせていただきました。院長先生に一任したいとの申し出があり、くぼみ目修正、切らない眼瞼下垂、目頭切開を行いました。術後、目が開いて窪み目も改善しました。希望通りの若々しい二重になり、目の印象も良くなりました。
クリニックより:上眼瞼が窪んでいると、なんとなく疲れて老けて見られます。くぼみ目修正のためには、上まぶたの窪みをヒアルロン酸や自己脂肪で充填すると共に、眼瞼下垂の状況を治療する必要となる場合があります。くぼみ目を修正することにより、若々しく元気な感じにすることができます。更に蒙古襞が張っているケースでは、目頭切開を行うことにより、上品なパッチリ目になります。




二重左右差非対称修正

人の顔面は、ほとんどの方で微妙な左右差があります。しかし二重の幅や瞳の大きさに左右差がある方、二重の手術後に二重の幅や瞳の大きさに左右差を生じた方は、顔のバランスが崩れて奇異な感じを受けるために、左右差修正を希望され多数御来院いただいております。目の非対称を修正することにより、顔の印象がぐっと良くなります。目の左右差は、多くの場合簡単な手術で修正可能ですが、片側の眼瞼下垂の場合や二重切開法の手術後に左右差非対称を生じた場合は、難易度が高い手術になることがあります。無意味な手術を繰り返すより、経験ある医師に相談されるのが良いと思います。

二重左右差修正

二重左右差修正

36歳、女性。二重左右差修正
二重のラインが左右違い、目の大きさが非対称的であることを化粧で誤魔化していたケースです。毎日大変なのでさすがに疲れてしまい、手術で何とか治してもらおうと、当院を受診していただきました。左右差を治す手術は色々なやり方があり、このケースは二重の幅を調整するだけで、左右揃う可能性が高いことをアドバイスさせていただきました。院長先生にすべてお任せしたいということになり、二重左右差修正の手術を行いました。手術後、右目が大きくなり、左右が対称的になりました。顔全体のバランスが良くなりました印象良くなりました。手術して良かったと喜んでいただきました。
クリニックより:もともと目の大きさが違う方は多くいらっしゃいます。しかしある程度以上の左右差があると、顔全体の左右のバランスがおかしく、印象が悪く見えますので修正を希望する方がいらっしゃいます。目の大きさに左右差が出る原因として、目を開く眼瞼挙筋の障害による場合と、二重のライン幅のよる場合があります。二重のライン幅が原因で目の大きさが不揃いな場合は比較的簡単な方法で修正することができます。短時間で左右差を修正することができるために喜ばれています。眼瞼下垂の左右差修正は難以後の高い手術になります。どちらのタイプであるかは診察させていただき御説明することになります。




二重埋没法左右差修正


30歳、女性。二重左右差修正
右目が小さくて、左右のバランスが悪く悩んでいたケースです。化粧等で誤魔化していたものの、いつも大変なので手術と決意されて当院を受診していただきました。診てもらったところ、二重のライン幅に左右差があるために瞳の大きさが異なるタイプでしたので、「切らない手術で修正可能でしょう。」とアドバイスさせていただきました。当日に二重左右差修正の手術を行いました。顔のバランスが取れて、薄い化粧でも外出できるようになりました。
クリニックより:目の大きさに左右差があり、「顔のバランスがなんとなく悪い」という事で悩んでおられる方が多くおられるようです。簡単な切らない埋没法で修正可能なケースも多いので、気軽にご相談してみてください。ただし症例によっては眼瞼下垂の場合があり、その場合手術は埋没法より難易度が高くなります。何度も埋没法を繰り返したが改善せず、当院を受診されるケースもあります。再手術を繰り返すことにより難易度はどんどん高くなります。最初から経験豊富な美容外科の先生にお願いするのが良いと思います。




二重埋没法左右差修正

17歳、学生。二重左右差修正
右が奥二重、左が小さな二重でバランスが悪く、全体的に目が小さいので、もう少しパッチリになりたくて当院を受診していただきました。二重のラインを調整して瞳の大きさを同じに見せて、さらに目をパッチリさせました。左右のバランスが取れたことにより、顔の印象が良くなりました。友達にも手術したことが気づかれずに希望通りになれてよろこんでいただけたようです。
クリニックより:学生さんは友達に気づかれずに綺麗になりたいという希望される方が多いようです。当院ではお話を詳しく聞いたうえで、その方の希望にできるだけ近づけるように対応させていただいております。左右のバランスが悪い方はご相談ください。




二重左右差非対称修正


22歳、女性。二重左右差修正
二重や瞳の大きさに左右差があり、非対称なために、アイプチで誤魔化していたケースです。毎朝時間がかかるので手術を希望して当院を受診されました。診察したところ左に比較して、右の目が小さく、左右のバランスが取れていませんでした。切らない治療により二重のライン幅を調整して、瞳の大きさを揃えました。目の大きさがそろってバランスが取れるようになり喜んでいただけました。
クリニックより:目の大きさが違う患者様は「なんか間が抜けた感じがする。」ということを訴えてご来院いただきます。左右の顔のバランスが取れないと奇異で醜形をきたしてしまいます。目の左右差を修正することで顔の印象が格段に良くなります。




二重左右差非対称修正


16歳、女性。二重左右差修正
左目が右と比べて小さく悩んでいたケースです。今回親の同意が得られたので手術することにして当院を受診していただきました。右に比べて左の目が小さいために、二重のライン幅を調整して、瞳の大きさを揃えました。左右揃い、暗い印象から明るい表情になりました。
クリニックより:目の大きさが左と右で違うということで悩んでおられる方も多いと思います。簡単な手術で合わせられることが多く喜ばれています。左右差を合わせることのより、今までぼんやりしていた表情が明るくなり、印象もよくなります。相談してみてください。




二重左右差修正

20歳、女性。二重左右差修正
上眼瞼のラインが不揃いで、目の大きさに左右差があるために御来院いただいたケースです。今回手術を決心し、ある程度の太さの二重ラインを作りたいということと、目の大きさをできるだけそろえたいということをリクエストされました。右が一重で左が二重であり、瞳の大きさも左右差がありました。ご本人のリクエストに従い、幅広ラインを設定し、瞳の大きさを調整しました。当初手術に対し心配されていたようですが、希望通りになれて満足していただけたようです。
クリニックより:誰しも二重のラインに少しは左右差があるものですが、あまりに差が大きいと、顔全体のバランスがおかしく見えます。なんとなく間が抜けた感じが気になると表現される方もいらっしゃいます。多くの場合比較的短時間の手術により修正可能です。目の左右差により顔面のバランスが悪いと、お悩みの方はご相談ください。




二重左右揃える

二重左右揃える

26歳、女性。二重左右差修正
右が一重で左が二重、バランスが悪いので目細工をしてごまかしていたケースです。出かけるときに時間がかかるので、化粧時間を短縮したくて、今回、左右を揃えてもらいといという希望で御来院いただきました。二重のライン幅を調整することにより、左右の瞳の大きさが同じくらいに見えるようにしました。左右の顔のバランスがとれて印象が良くなりました。初めは緊張しましたが、終わってみればあっけなかったです、と満足していただけました。
クリニックより:左右の目のラインが左右揃っていない方は、揃えるために化粧が大変なようです。化粧により目の大きさが同じように見えるように毎朝長時間かけて化粧されていると言います。そのために化粧時間を短縮したいので、手術を希望される方が大勢いらっしゃいます。比較的短時間の手術で、左右揃えることが可能です。時間短縮と厚化粧防止効果があります。気になる方は相談されてみてください。




埋没法左右差修正

32歳、女性。二重左右差修正
目の大きさが左右異なり、ぼんやりして疲れて見えるので修正してもらいました。二重のライン幅を調整することのより、瞳の大きさを揃えました。左右の瞳の大きさ、ライン幅が揃い明るい表情になりました。
クリニックより:ライン幅や瞳の大きさが左右異なっている場合、顔全体がぼやけたり、間が抜けて見えたりするので嫌がる方が多いようです。二重ライン幅を調整することで、比較的簡単に左右のバランスが取れるので喜ばれています。二重をはっきりさせることにより、明るい表情になります。




二重幅変更

元々、二重の方でも、二重のバランスが悪い、もう少しパッチリ目が良い、などの理由で、アイプチをして幅を広げている場合があるようです。もう少し幅を広げたい、パッチリ目になりたいという希望で御来院いただくことがあります。元々一重の人から見れば、贅沢な悩みかもしれませんが、本人さんにとっては真剣な悩みです。二重埋没法や切開法で二重のライン幅を変更し、バランスを整えることにより、希望の二重にすることができますので、相談してみてください。スッピンでも外出できる、化粧時間が短縮できる、派手な化粧も似合う、等で喜ばれています。
ただし、ライン幅を広げるのには限界があり、その方の限界を超えるとむしろ目が開かなくなったり、眠そうな目になったりすることがあります。幅広ラインを希望する場合にはベテラン美容外科医に相談されてください。

できるだけ太い二重埋没法

25歳、女性。二重幅変更
もともと二重のケースです。長期にアイプチ、付けまつ毛をしていたことにより上眼瞼がたるんできて印象が悪いので、幅広のパッチリ目を希望して来院されました。切りたくないので埋没法の範囲でできるだけ幅広の二重をリクエストされました。ご希望を良くお聞きした上で出来るだけ幅広のラインをお引き受けしました。目にあった太い幅のラインが作製されました。かなり高度なご希望でしたが、幅広二重を作ることが出来て喜んでもらえました。
クリニックより:太い二重を希望して来院されるが、最近増えています。多くのケースで幅広ラインの作製が可能ですが、際限なく広げることはできません。限界を超えると目が良く開かなくなくなり、整形バレバレの二重になることがあります。当院では希望を詳しくお聞きして、できる限り希望に沿えるようにしています。整形バレバレの目になると修正手術が大変難しくなります。手術する際には担当医とよく相談し合上で手術を行ってください。




二重幅変更

二重幅変更

20歳、女性。二重幅変更
元々細い二重のケースです。左右の二重のバランスが悪く、目の印象が暗いので、幅広ラインに変更してパッチリ目になりたいと希望して来院されました。診察したところ、右目が左に比較してライン幅や瞳の大きさが小さく、やや暗い印象の目をしていらっしゃいました。両側の二重ライン幅を広げて、パッチリ目を作製すると共に、左右の瞳の大きさを合わせ全体の印象を改善しました。
クリニックより:元々二重でも、幅が狭かったり、バランスが悪かったりして、二重幅変更の手術を希望される方に御来院いただいています。左右の幅や、目の大きさを調整することによりバランスを取り、印象を良くすることが可能です。




埋没法二重

23歳、女性。二重幅変更
元々細い二重だったケースです。もう少しラインを広げたくて当院を受診していただきました。幅が狭く奥二重に近いラインであり、二重埋没法手術で二重の幅を広げパッチリ目を作製しました。本人の希望通り目力を出して、印象良くなりました。
クリニックより:二重の幅をもう少し広げたい、目力アップをしたいということで多くの方に御来院いただいています。さりげなく目力アップしたいという方には埋没法は最適な方法です。メスを使わず上まぶたを極細の医療用糸で止めるだけで綺麗なラインが出来上がります。埋没法は美容外科手術の中でも最も容易な手術で、この手術ができない美容外科医はいないと考えられますが、その方に合った微調整をすべての美容外科ができるかというと疑問が残ります。自分に合ったラインを作りたい、顔とのバランスを取りたい、自然なラインを作りたいなどの希望をお持ちの方は経験豊富な美容外科にお願いするのが無難でしょう。もっともっとパッチリ目になりたいという希望から極太ラインを希望される方がいらっしゃいます。目が開かなくなったり、整形したことが明らかな不自然なラインになったりすることがあります。手術前には担当医とよく相談して、ラインはついたけれどあまり可愛くないという状況は避けてください。




必見 症例写真
当院の技術を知っていただくために、院長の施行した症例写真をクリニック内に展示しております。本格的美容外科手術をご理解いただけると思います。御来院をお待ちしております。
バスト
女性器
あきらめずにお電話下さい 他院修正手術
失敗と修正再手術について
二重全切開法
眼瞼下垂
二重の幅が広すぎる、二重幅を狭くしたい
挙筋法二重
切開法のラインが戻った
整形バレバレの不自然な二重
ガタガタの二重ライン
ワンランク上の整形
パッチリ目 パッチリ二重
整形で大きく変わりたい
取れない二重 戻らない二重
幅広平行型二重
ダウンタイムが少ない切開法
芸能人の整形
なりたい顔No.1!北川景子さん風整形
板野友美さん風整形
柴咲コウさん風整形
新垣結衣さん風整形
黒木メイサさん風整形
佐々木希さん風整形
ビフォーアフター 整形写真
理想体型メリハリボディ
CMCゲルバッグの入替え手術
生理食塩水ゲルバッグの入替え手術
でべその修正
当院の麻酔法 無痛麻酔
芸能人の整形
ご予約はこちらから
技術力で選ぶなら本格的美容外科 中央クリニック
無料モニター、割引モニター募集中

INFORMATION

スタッフ・看護師募集中


当院のホームページについて


サイトマップ


青森県にお住まいの方

岩手県にお住まいの方

秋田県にお住まいの方

宮城県にお住まいの方

山形県にお住まいの方

福島県にお住まいの方

新潟県にお住まいの方

栃木県にお住まいの方

▲GO TOP

COPYRIGHT(C) 2004 SENDAI CHUOH CLINIC  ALL RIGHTS RESERVED